ピートロ

カルトのピートロのレビュー・感想・評価

カルト(2012年製作の映画)
3.6
除霊バトルあるあるのような素直な展開が観ていて気持ちいい。
この「王道感」は徹底していて、それが霊能者NEOの最後の「少年ジャンプ」みたいな台詞による締めくくりに結実する。
逆再生により階段を上るシーンと、黒い影をぶら下げた天井の顔が妙に気持ち悪かった。
白石監督作品はパッケージが一番こわい。本編はそんなに怖くないのにあのパッケージで敬遠してしまう人多いと思う(ぼくもそうだった)。
ホラーが苦手な方もぜひ。