桔梗F

アウトロー 哀しき復讐の桔梗Fのレビュー・感想・評価

アウトロー 哀しき復讐(2010年製作の映画)
3.2
人一倍正義感が強い敏腕刑事を演じるカム。
妻と娘を無残に殺されてしまい逮捕するが 犯人チームにアメリカ人がいたため韓国の法律では犯人を裁くことができなかった。
そのため自らの手で犯人を追いつめていく…

ストーリーはよくある妻子を殺された男の復讐劇。
しかし、出てくる凶悪犯が極悪(*_*;
監禁、暴行、レ○プと韓国の実在の事件を元にしてるらしいが描写が鬼畜過ぎる(。>д<)←ここポイント

ただ、『悪魔を見た』『失踪』よりは緩い…

韓国でだいぶ前に大コケした映画だが、数年後日本に。
トムさんの『アウトロー』か同じ腐った裁判ネタの『トガニ』に便乗か?

監督さんのデビュー作らしく、編集が致命的に弱い(^-^;
設定はいいのにヒューマンドラマメインにしてるので、途中は中弛みと色々もったいない面も。

ラストは確かに衝撃展開だが、これは賛否両論だろう(゜ロ゜;
新しいと言えば新しいが…一応たまげた(|| ゜Д゜)

ストーリーが鬼畜ゆえ不愉快映画の部類
※一応、主人公が復讐者と化して悪に鉄槌を下しにはいくが

極悪韓国サスペンスが好きな方はどうぞ(^o^)と言いたいが、脚本と監督の力量不足で他の名作『チェイサー』などにはちょっと及ばないかな(^^)