kuu

さよならドビュッシーのkuuのネタバレレビュー・内容・結末

さよならドビュッシー(2013年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

シャツの模様で娘だと判断出来たって、
おいおい、そんなんで変死体を闇に葬ってええんかい。
そう、供述した母ちゃんの言葉に頭の回転の速ええ人ならピピぴんっと筋書きが見えてくるんちゃうかな。
koki (コウキ)をみて木村拓哉の娘だってピンときた人ならわかるやろか。
関係ないかぁ。自分の今のアタリ🎯の芸能ニュースなだけでした。
原作の中山七里の岬洋介シリーズは、何故かこの第一作だけ小説を読んでなくて、映画で鑑賞した。
岬役にピアニストの清塚信也のピアノ・テクも併せて見たかったかな。
筋自体は、まぁこんなモンやろってとこやろけど、
橋本愛と清塚信也さんのレッスン風景は眺めていて、自分が今、ピアノレッスンを受けてるから尚更親近感を覚え、えかった。
挿入音楽も最高やね。
主人公のピアノ教師岬洋介役に、実際にピアニストの人をあててるとこは、ええ点やとおもうが、
主人公がピアノ演奏をしてんのは、身体を不自然に揺らすだけで鍵盤を叩いてへんし、ヘタッピな演奏演技が映画を濁らせイマイチやった。
その点、清塚信也の演奏は素晴らしい!演技はヘタッピやけどは、ヘタッピの演技をカバーするだけのピアノ演奏は聴けるし、映画の内容がぐっと入りやすい。
岬の台詞もベタでキザやけど、音楽だけじゃなく、人生に大切な事を言い当ててるかな。