undoの作品情報・感想・評価・動画配信

「undo」に投稿された感想・評価

めいり

めいりの感想・評価

2.4
泡を縛るとか、歯を舐めるキスとか、台詞回しや絵面のアートな感じ、奇妙な世界観はすてきだけど、そこに倒錯することができず、わずか47分だけど退屈した。私は凡人だ!
亀かわいそう🐢



岩井俊二の監督作品は「打ち上げ花火〜(奥菜恵版)」「PiCNiC」「undo」「スワロウテイル」「リリイシュシュ」「花とアリス」の6本を観たが、観れば観るほどに
私はスワロウテイルがだいっっすきなだけで、岩井監督の作品が好きなわけではないのかも…と思ってくる
moeka

moekaの感想・評価

3.0
縛っていたのはどっちなんだろうね
小説的で岩井俊二らしい

このレビューはネタバレを含みます

亀を幼少期に飼っていたので心苦しいシーンがあるが、それ以上に2人の2人だけの世界が羨ましく美しいものに見えてしまう。

矯正が外れた後 キスの味を確かめるシーンですが、あの言葉選びはナチュラルに男性が女性にやってしまうやつで、わかるわかるとなり首がもげそうなくらい心情を共感してしまいました。

たった小さな出来事から少しずつ狂い始めて
気付いたら縛られても痛みを感じなくなって
自分は縛られていたのか、縛っていたのか
そもそも2人を縛る何かはなかったのでは
ないかなど 自分のことすらわからなくなる。

人はどうして、同じ熱量で居られないのか

19.20歳くらいの頃5歳年上の男性と暮らしていたきの自分を思い出してヒリヒリします。

ラストは何度見ても、逃げ出せてよかったなと思います。モエミはきっともう大丈夫

どしゃぶりの雨の日に観たくなる映画です。
青

青の感想・評価

2.5
記録
八木

八木の感想・評価

4.0
映像作品
ガロン

ガロンの感想・評価

3.7
怖さと美しさと切なさが混じったショートフィルム。
男が縛っている時に女がもっときつく縛ってと言うシーン、結局男の方は女ほど覚悟を持って凍れていないのだと感じた。
一緒に生きていくことは同じ熱量で違いを縛ることなのかと感じさせられた。
ほんと縛ってちゃんなんだから
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.3
まあまあ普通
KoSato

KoSatoの感想・評価

3.4
舞台っぽい。

相変わらず、岩井俊二のコンセプトの乗せ方は好きだな。
ハ

ハの感想・評価

3.0
雰囲気とシャワーシーンの艶やかさはいい感じ
>|