「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

どこまでが真実かなんてわからない。
アメリカの意見ってこと?
難しい!

就職して早半年、、
映画を観る気力も集中力も無くなって参りました。
いろんな意味で心が苦しくて締め付けられるようだった。こんなに苦しいなんて。でも絶対観た方がいい映画。

このレビューはネタバレを含みます

9.11テロ後、同僚ダニエルがビンラディンの関係者を繰り返し拷問するが口を割らない、CIAでやり手のマヤの提案で他の関係者に尋問をして密使の存在アブ アフメドを知るが関係者たちは口を割らない、
マヤはビンラディンに一番近いアブ アフメドを追うがなかなか情報が入らない、そんな中アルカイダの仲間がアメリカ寝返りマヤの仲のいい同僚ジェシカと密会することになるはずが、それは罠でテロで死亡する、
マヤはショックを受け、ビンラディンを捕まえる執着心が強くなった、
アブ アフメドの本名がイブラヒム サイードとわかり携帯を盗聴するが、なかなか姿を見せない、やっと仲間が囲われた屋敷を見つけ、監視し、ビンラディンが屋敷にいることを確信した、部隊を送り屋敷を包囲し、進入し、最後にビンラディンを撃ち殺した、
マヤはやっと使命を果たした

苦しいほどの拷問、なかなか情報が入らない焦り、仲間を殺され執着心が強くなった、
マヤはビンラディンに何を感じていたのか、
緊迫感やリアル感がすごかった
これが世界で起きていたと思うと何も知らなかったんだと思った
ビンラディンを捕獲する話…ではなくて、その為に頑張る女性マヤの話なんよね〜。ラストが切なくて意外だった。
ビンラディンに近付くにつれて緊張感が増し、マヤもイキイキしてきたのは見応えがあったが、残酷なシーンも結構あってちょっと疲れた。
とか言いつつ、実際マヤみたいな人は居たとか居なかったとかめっちゃググってる。気になる。
長いけどリアルな緊迫感も伝わってそれほど苦ではなく観れる。鑑賞後はスッキリってかドップリ
クリスプラットでてたから最高!
しかもゴリマッチョ前だからもっと最高!
>|