ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

ZERO DARK THIRTY

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.6

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

het

hetの感想・評価

3.9
ビンラディン捜索チームの1人の女性の話。
絶対に信念を曲げない。「100%よ」と言い切ったのが格好良かった。
大層な感想は述べられない
オサマビンラディンを殺害するための努力がリアルティ溢れる描写で描かれていた本作。
まず、この映画では、アルカイダが起こした9.11のテロ時、ビルにいた人の音声が流れ、9.11の悲劇を手短に語った。
オサマビンラディンを殺害するための過程として一番必要だったのは、主人公のマヤが彼の連絡係の住居を特定したことなのだが、どうやらその連絡係というのがものすごい重要人物で、マヤがその尻尾を掴むまでに回りの人が死に、自身も命の危険にさらされた。
ニュースで見ているだけでは、アルカイダって怖いなぁだけで済んでしまうのだが、映画で見ていると、アメリカのCIAとアルカイダの命の削り合いが感じ取れ、自分も、この争いが起こっている同じ地球に住んでいるのだということを自覚せずにはいられなかった。
2時間半というこの映画の時間は、慣れていないわけではないと思っていたが、よく練られたストーリーや展開、サウンドに正直疲れてしまった笑
でも、とてもオススメです。
TK

TKの感想・評価

3.3
めちゃリアル
2018-44

重い
これを観てなにが真実で正義なのかよくわからなくなってしまった…
くらげ

くらげの感想・評価

3.5
鑑賞記録
TAKEZOH

TAKEZOHの感想・評価

3.0
男は地位とリスクを元に目の前の手柄を積み重ねようとし、
女は情によって突き動かされ、大物を捕らえるため、リスクを厭わずちいさな可能性を賭ける男女の行動原理の相違と、男優位の組織社会と時代背景を示しているようだが、終盤に長官が主人公サラがこの作戦に適任であったことを言っている通り、彼女が性別を超越した存在だからこそ組織を動かしビン・ラディンを殺害することができたのだろう。
現代の忍者、特殊部隊の突入シーンは臨場感があった!?
>|