ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

ZERO DARK THIRTY

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.6

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

het

hetの感想・評価

3.9
ビンラディン捜索チームの1人の女性の話。
絶対に信念を曲げない。「100%よ」と言い切ったのが格好良かった。
大層な感想は述べられない
ゼロダークサーティ

911テロの首謀者ビンラディンを探し出し殺害するまでの話
CIA女性分析官が主人公

前半のどうなるかわからない、ひとつひとつ手がかりを見つけては消え、の展開からの作戦に入ってからのあっという間さ
アメリカの軍事力と執念ってすごいな

主演はジェシカ・チャステイン
共演ジェイソン・クラーク
クリス・プラット、ジョエル・エドガートンも出演
監督はキャスリン・ビグロー

後半の作戦のところ暗すぎて見えねえw
作品としてはハラハラする前半部分はいいとして、後半にかけてからがちょいと長い気がするw
Ayaka

Ayakaの感想・評価

2.5
記録用
Chikara

Chikaraの感想・評価

3.6
なるほど、こうやって“アメリカの敵”は殺されたのか。

最後のシーンで、ビンラディンの殺害の任務を終えたマヤが、「安心感」だけでは言い表せないような、複雑な気持ちでいっぱいの表情をしながら流す涙が凄く印象的。
2018.7.14.BS録画分。
拷問拷問。1時間ちょいで飽きて、見ながら911の画像や陰謀説やらググッてたらいつのまにか眠りの世界へ。銃声で起き、舞台は暗視カメラでアジト。見逃したところを3倍速で軽く観た。この手の憎しみのループには関わりたくないとただただ思う。
aniss

anissの感想・評価

-
ものすごい情報量が多い映画で最初は戸惑ってしまって、なんか長編だったので脳のキャパがぶっ壊れました。

でも漠然と知ってる紛争の歴史を、虚実混じえてると思うけど、細かなディテールと興味深い内容を知れたのは貴重でした。

ここまで根深い問題になってくると当事者達にも、悪とか正義とか線引きが分からなくなって、やってる方もやられてる方も観ている方も諦めることすらできず、ただただ関わりをもったものを絶望させるだけのアリ地獄のようなものだなと思いました。
ビン・ラディンのアジトを掴むまでの長い月日。拷問の必要性が分かった気がするよ。続けてたらもっと早く見つかったろうに。

ただ結局、アメリカが正しいのか?正義なのか?と考えさせられる。
9.11のその後、テロリストを追ったCIAの捜査員の壮絶な闘い。緊迫感溢れる映像に徐々に引き込まれる。糸口を掴みながらもただただ時間だけが過ぎていく焦燥感。犠牲は増え続ける。賛否両論あるだろうが、全てはラストのマヤの表情が物語っていた気がする。‬
Aya

Ayaの感想・評価

3.0
国際テロ組織アル・カーイダの最高指導者ウサマ・ビンラディンが、殺害されるまでの実話を基にしたおはなし
9.11はなぜ起きたのか?アメリカはなぜイスラム国家に恨まれているのか?アメリカの主張は?
結局何を伝えたい映画だったのか分からないままだった
マヤがビンラディンに執着する理由も「仕事だから」だけでイマイチしっくりこない
10年間の事だから登場人物が多すぎ、説明もないからどんな人物かも分からず無駄な神経使う、とにかく長くて眠くなる
いい題材なのに勿体ないな
>|