ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

ZERO DARK THIRTY

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

諒

諒の感想・評価

3.6
死と隣り合わせでの任務。
いつ殺されるか分からない中、職務を忠実に遂行しようとする主人公の精神力がすごい。
淡々と描かれる事によって、よりリアリティが増していた。
大好きな映画
びんらでぃん
物凄く軽いノリで観たら鬼気迫るジェシカ・チャステインの姿とお巫山戯一切無しのCIAの姿に圧倒された映画。アルカイダやビン・ラディンに関する知識は他の映画でちょろっと掻い摘む程度で全く詳しくないが、実際起きたテロの報道と多くの犠牲が増えるにも関わらず、明確な情報が掴めないまま時間が進んでいくので、マヤがどれだけ焦っていくのかが伝わります。こんなのヒステリックにならない方がおかしい。
個人的には、これが本当かどうかは分かりませんが、リアリティのあるCIAの実態を知れたのはとても新鮮で面白かったです。常に空気がピリピリしててのんびり生きてる自身にめちゃくちゃ染みました。
前置き長かったけど最後はドキドキだった
だいき

だいきの感想・評価

4.1
オサマビンラディン暗殺までにどのように情報を得て作戦を決行、成功までに至ったかをその中心人物となった女性CIA情報分析官を軸に迫った映画。

どこまでが史実でどこからがフィクションなのか分からないものの、当時作戦に参加した元DEVGRU隊員マット・ビソネットが作戦の中心人物は女性CIA局員であり、その人がモデルだろうと語っている辺り、結構史実通りなのかもしれない。
テロリストの拷問シーンもなかなかエグいし、色々込みで良くリサーチ出来たよなぁと思う。

同じネプチューン・スピア作戦を扱った映画だと『ネイビーシールズ:チーム6』もあるけど、あっちは途中で不倫問題とかしょーもない訓練シーン入れたりとかしてる駄作なので、今作のラストの作戦シーン観てる方が全然良い。

徐々にビンラディンに近づいてきている緊張感や緊迫感が映像と音楽が相まって凄ぇなーと思ってたけど、監督が『ハート・ロッカー』や『デトロイト』と同じだと知って納得した。

ちなみに過去レンタル開始早々に観たときは、プレーヤーのモニターがショボすぎてラストの夜戦シーン45分間ひたすら真っ暗でテロリスト同様に何も見えないという悲劇に見舞われたけど、久々に携帯で観た今回も光度上げないと真っ暗だったんで視聴手段に注意です。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.1
終盤のビンラディン邸に潜入するシーンの撮り方がよい。
緊迫感詰まってる。
TK

TKの感想・評価

3.0
もっと大勢で探してたんだと思ってた!
ヘリかっこいい😎
いち

いちの感想・評価

3.5
さすがにビンラディンのソックリさんは見つからなかったか。
構成が悪いのか僕の頭が悪いのかは分かりませんが、特に序盤は点で繋がれ過ぎてる感じがして何が起きてるのかを捉えづらかったです。
後半のシーンは演出的なリアルさでライト少な目&暗視ゴーグル視点にこだわったんでしょうがとにかく見辛かったので映画的には間違えてる気がする。
全体的に冗長すぎて、それほどでもないエピソードを無理やり薄く伸ばしたように見えた。見せ方がまずいと思います
>|