チチを撮りにの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「チチを撮りに」に投稿された感想・評価

Leta

Letaの感想・評価

-
シリアスすぎず、くすっと笑える。
「逃げ道」、いいね。
日常描写とかキャラクターの個性などセリフに頼ることなく絵で見せているのは凄い良かった。
あとわかったのはこの監督は「性」に関する描写にフェチというか独特のこだわりがあるんだなぁと。
湯を〜のときはそれが全面の前面に押し出されてて嫌悪感がすごかった。
あとオチの個性が強すぎる!
一

一の感想・評価

3.6
2019自宅鑑賞No.165 AmazonPrime
翠

翠の感想・評価

4.0
泣きました。。

子役の男の子良かったな~

マグロ!笑
フリーターの姉・葉月と女子高生の妹・呼春は、父親が14年前に女を作って出て行ってしまって以来、母の佐和と3人で暮らしていた。ある日、佐和から「お父さんがもうすぐ死ぬから会いに行って、ついでにその顔を写真に撮ってきてほしい」と頼まれた姉妹は、困惑しながらも、ほとんど記憶に残っていない父親に会いたい気持ちもあり、電車を乗り継ぎ父親のいる田舎町へやってくる。
お母ちゃんの強さと愛情をたっぷり感じる優しい映画だった。お父さんを恨んだりしないようにお母ちゃんが育ててくれたって感謝している娘たちを見て、きっとお母ちゃんの思いがしっかり伝わって成長してきたんだなと感じた。それにしても素晴らしい母娘だった。
苦しい坂も楽しい坂も登ったり降りたりしながら生きている。自分が今にあること、そのために育ててくれた人たちにささやかに感謝をしたくなる映画だった。
たく

たくの感想・評価

-
キャバクラの名刺で繋がる異母姉弟いいネ
suzume

suzumeの感想・評価

3.5
お母さんが洗剤をキャップで入れてからボトルから直で継ぎ足す。妹の呼春が庭のネギを摘んでからじょうろで水遣りをする。そういう日常の細かい描写が好きだった。この監督さんが撮る母親像は綺麗事ばかりではなく素敵。
master

masterの感想・評価

4.2
長いお別れ、湯を沸かすほどの熱い愛、の監督作品だと知って観ました。74分の短い映画なのに、途中から何度も涙が、、、。自分にはピンポイントで心に刺ささったので、万人に刺さる映画では無いかな、とも思いましたが、母の立場、父の立場、娘たちの立場、一人息子の立場、兄弟や身内の立場、いろんなポイントで刺さると思うので、笑いと涙の秀逸な映画だと思います。
まさか寝る前にこんなに泣くとは( ; ; )
良い映画でした。

あ、最後のマグロは、、、💦
きのみ

きのみの感想・評価

3.7
ちょっとうちのお母さんみたいだなって思った。
てつ様

てつ様の感想・評価

3.6
「湯を沸かす…」と「長いお別れ」を観たので観てみました。
いい映画です。
最後のマグロはちょっと…。