yesofNazareth

陽だまりの彼女のyesofNazarethのレビュー・感想・評価

陽だまりの彼女(2013年製作の映画)
3.9
父親がこの映画をとても好きだそうで、アマゾンにてBlu-rayボックスを購入し、先日届いたので一緒に観ました。

小説未読ですが、わかりやすいストーリー展開で楽しかった(^-^)

なにより上野樹里がかわいい!
『のだめカンタービレ』のおバカな天才ヘンテコガールの印象が強かった彼女でしたが、今回はアンニュイで儚い可愛らしいふんわりとした役でした(^〜^)髪型と衣装が上野樹里にぴったりで素晴らしい!!

サントラも大変すばらしく、さらにビーチボーイズが挿入歌として入っています。これがまた利いてましたね〜

ぼかぁ〜このテの展開にはすごく弱いので、感情移入しすぎてボロボロと水も滴るいいホモサピエンスになってしまいます。後半30分くらいいいホモサピエンスでしたね(⌒-⌒; )惚れるなよ!

上野J「わたし、いい奥さんだった?」→ちょっとうるうる(இ﹏இ )
松本J「……なんで過去形なんだよ」→涙腺大噴火。・°°・(>_<)・°°・。
終盤の二人の会話を皮切りにビーチボーイズの歌詞を見て、映画の内容を振り返りまた大噴火。・°°・(>_<)・°°・。最後の最後の展開でまたまた大噴火。・°°・(>_<)・°°・。ほぼカンブリア大爆発でしたね!

結末に対する伏線がかなり多く、初見ではポキのような察しのつかないおバカは「なんだ?」と思う箇所がいくつかあったので、そのうちまた観ようかな〜

ただの恋愛映画として期待するとファンタジー要素が強くてがっかりするかも。