tomoco

ジーザス・クライスト=スーパースター アリーナツアーのtomocoのレビュー・感想・評価

3.1
長年生きてると、おのずと思考が人生哲学に辿りつく場合が多々あり、その行き着く先が宗教の教えだったりする。
神と言っても、人それぞれに神の真髄は違うわけで、要は己にとっていかに救いになるのかを、自分の精神の中で姿形がない神で具現化しているだけである。

自分は無宗派だけど、小学生の時に同級生の親が、自宅で子供達を呼んで賛美歌を歌う(水曜学校)集会に何度か呼ばれて参加した事があった。
あの頃はただ美味しいお菓子が貰えるから行ってたようなもの…。

話がそれたが、この作品はイエス・キリストの最後の7日間を描いたロック・ミュージカルである。
最初から最後までセリフを歌い尽くしている。
個々の歌唱力が本当に素晴らしい。
ただ、変わり映えがないセットなので、そこが残念なところ(本当は1973年ver.が観たかった)。
哲学的なものが好きな人には、この作品は良いのかもしれない。