カズ

かぐや姫の物語のカズのレビュー・感想・評価

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)
5.0
幸せ、愛、生きざま、そして罪と罰…。

終始、水彩画風のアニメーションが繊細かつ、ラフなタッチでもあって美しかった。ジブリの映像へのこだわりが感じられた。
いやぁ、相当苦労して作った映像であったはず。凄い!

思ったよりみやすい映画ではあったけれど、ちょっと難解な部分もあった。
でもそんな部分は主題歌がすべて説明してくれましたね。

「頭の中の記憶は失われても、心に、命そのものに刻まれてるんだ。深く、深く。」

観終えると、高畑勲でもない、宮崎駿でもない。この作風もまた大好きになりました。

2013年。『風立ちぬ』と『かぐや姫の物語』が同じ年に発表されたのは改めて奇跡…。
高畑監督、ありがとう。