Souma

かぐや姫の物語のSoumaのレビュー・感想・評価

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)
3.0
高畑監督の最後の作品。
竹取物語は高校の頃、テストのために古典で凄い読んだ思い出。
でも、細部は覚えてないものだね。なんでかぐや姫が地上にきて、月に帰るのかいまいち思い出せなくて。

でも、古典にもかぐや姫が地上にきた明確な理由は書いてない(らしい)。月で罪を犯した罰として地上に送られたと言われてる。
この作品では、この罪の理由を監督なりに解釈して描いてる。

月人からしたら、地球は穢れた土地。そんな地球に憧れてしまった月人のかぐや姫は、憧れたこと自体が罪。罰として、理想の地で生を与え、地球の喜びと穢れを教えて、最終的に月に帰る(記憶を奪う)ことでかぐや姫の罪は許されるのだろう。

翁も悪気があってかぐや姫を高貴の姫君にしようとしていたわけじゃないのが辛いところ。
でも、幸せの価値観って人それぞれなんだっていうことを思い出させてくれた。
昔の人達って、今以上にしがらみがあって、自分の生きたいように生活するなんてことはできなかったと思うし、作者はそんな気持ちを物語にしたんだろうなと今更ながら文学に思いを馳せてみる。