世界にひとつのプレイブックの作品情報・感想・評価

世界にひとつのプレイブック2012年製作の映画)

SILVER LININGS PLAYBOOK

上映日:2013年02月22日

製作国:

上映時間:122分

3.7

「世界にひとつのプレイブック」に投稿された感想・評価

Yukko

Yukkoの感想・評価

3.5
元カノ元彼を忘れられず固執してしまう全てのメンヘラに捧ぐ映画(いい意味で)
joker

jokerの感想・評価

4.0
映画館で観たのだが、
もう一度DVDで見直した。

ブラッドリー・クーパーが、
まるで少年のように輝いている。

それに呼応するように、
ジェニファー・ローレンスも美しい。

野球の試合に一喜一憂するデニーロも、
側で見守ってる母親も温かい。

幸せな気持ちになる映画。
RyoMatsuda

RyoMatsudaの感想・評価

3.5
心に傷を抱えた2人が出会い、ダンスを通じて徐々に癒していく。
ゴミ袋被ってランニングするシーンはめっちゃシュールで良い。。
演技は凄かったし、ストーリーも単純ではなくて面白いと思うんだけど、個人的に好きな部類ではなかったので点数低め。
SUPPAMAN

SUPPAMANの感想・評価

4.4
乗り越えたい過去に囚われている人必見。

過去から脱却!!
ハッピーエンディング。

安心して観て下さい!
Fuzuki

Fuzukiの感想・評価

3.0
ちゃんと理解出来たかわからない。色々ぶっ飛んでいるけどなんか丸く収まってる感じ。
もも

ももの感想・評価

4.1
幸せになる話
sugarchild

sugarchildの感想・評価

4.0
ジェニファーローレンスが、女から見てもセクシーで可愛い過ぎて、髪型とか異常に真似したくなる笑
みんなどこかぶっ壊れていて、でもそれがとっても人間らしく、全員が愛すべきキャラクターで。ほっこり暖かくなる。最後も含め、良かった!

このレビューはネタバレを含みます

今回のアカデミー賞作品賞は「アルゴ」だったんだけど、それよりも断然作品賞に相応しい作品だったと思う。それくらいいい映画。間違いなく、何年経っても語り継がれるべき作品だと思う。

心が壊れた男と女が、ダンスを通じて立ち直っていく過程を描いたヒューマン・ドラマ。ラストのダンスや手紙を読む時のシーンは、本当に胸を打たれた。脚本や演出がまずパーフェクトに近い。

更に主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンスのダンスも含めた演技は勿論だけど、その他の俳優の演技も要注目。普通の状態と「キレた」状態、その落差がたまらない。主演俳優のほとんどが、難易度の高い役を期待以上のレベルで演じていると思う。

アカデミー賞ノミネート作品は何本か観たけど、これが一番好き。自信を持って言える
>|