世界にひとつのプレイブックの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

世界にひとつのプレイブック2012年製作の映画)

SILVER LININGS PLAYBOOK

上映日:2013年02月22日

製作国:

上映時間:122分

3.7

「世界にひとつのプレイブック」に投稿された感想・評価

人生はいろんな方法で
人を傷つける…。

ほんとにその通りだけど、
でも何度でもやり直せると
希望が持てる作品💓

ジェニファーローレンスの
演技とテンポがよかった◎
彼女もまた一生懸命、人生を
やり直したいと頑張っている姿に
胸がきゅーっとなった(..)

そして両親たちの不器用で
おっきな愛も見ていてすてき♬
ああや

ああやの感想・評価

3.5
ご両親の信頼とポジティブさが素敵。
躁鬱ってこんな感じなのかと見ていて不安になったけど、普通に面白かった(´ω`)

ゴミ袋はなかなか印象的😂
Aris

Arisの感想・評価

3.2
過去鑑賞記録。

良い意味で、
ひょんなことから人生って変わっていくんだな〜としみじみ感じることができた作品。
翼

翼の感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ある日は、勧められた本がバッドエンドだったことに腹を立てて深夜3:00に両親を叩き起こし、またある日は、しまったはずの場所に結婚式のビデオがないと明け方4:00に両親を叩き起こす。
本人は真剣。感情が昂りコントロールできなくなっていく様のモノホン感は見事の一言。
この怪演がアカデミーノミネートね。わかるわ。

儚いのは、そんな異常行動も本人にとっては大真面目で重大であるということ。
そして切ないのが、自分が異常であることを本人が理解しているということ。
異常行動は突飛であればあるほど大笑いできる、その反面で、どうしようもなく哀しみを内包している。その配合がこの映画の切なさを生んでいる。
だからこそ浄化されていくようなドタバタからの王道ラブコメエンディング、良かった。
ゴミ袋結構ずっと着てた。Excelsior!
mommy

mommyの感想・評価

1.9
病気、愛。


ナチュラル、スタンダードとは?


親子、兄弟。



夫婦、ひずみ。
めちゃくちゃ良かった…
ジェニファーローレンスかわいすぎ😍😍
こうやって人生再生してく内容の作品は心が浄化されてく感じがしていつみてもいいなって思う。

自分だけで考えたり、いつまでも過去のこと引きずらないで、周りの人巻き込んで立ち直っていく形もありなのかなぁ

ダンスみたいになにか打ち込めるもの1つでもあるといいんじゃないかなってのも気づいた。運動したいな
ずっとジェニファーを見てた映画