キャビンの作品情報・感想・評価

キャビン2012年製作の映画)

The Cabin in the Woods

上映日:2013年03月09日

製作国:

上映時間:95分

3.4

「キャビン」に投稿された感想・評価

tama.

tama.の感想・評価

3.0
これは……ミステリでいう超超メタものでは……メフィスト賞とりそう笑笑笑
何というかホラーの新境地。最初はバリバリのスプラッターなのに後半がカオスだった。
YuikaN

YuikaNの感想・評価

3.8
新しいホラー映画
最初は「死霊のはらわた」を彷彿させつつ、途中からつっこみどころ、笑えるところ満載すぎる
観る前はパッケージから「SAW 」的な精神的、肉体的に追い詰めてく感じのホラーかと思いきや裏切られた
もはや笑える
SHARP

SHARPの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

主役と組織側どちらも応援したくなる映画。
ホラーとはいうものの、面白さの方が勝つ。
終盤の逆転劇は壮観。
hira2

hira2の感想・評価

3.5
青春系ホラーかと思いきや、
どんどん壮大に。
ホラー映画好きならたまらないオールスター感謝祭的なシーンもありコミカルで面白い。
視点が二軸あるのも新かった◎
a

aの感想・評価

3.0
すぐ死ぬから時間持つんかなておもたわ
最後の展開は怪物きらいやから嫌
なしではないけど好きでもない
a493

a493の感想・評価

4.7
個人的にとても面白いと思う映画

クトゥルフ神話やb級映画のお決まりの諸々のフラグがたくさん出てくる。

b級映画のアベンジャーズ

頭空っぽにして観れる最高のバカ映画だ!!
K

Kの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「日本人だぞ?休暇はとるか?」

ホラー映画のお決まりの展開は実は科学的に操作されていたものだったという映画。

お決まりの設定、展開。
戦士賢者処女淫乱愚者のキャラ分け、山奥の別荘に遊びに行く、トンネルが崩れて帰れない、淫乱が初期に死ぬなどなど。
死に方はほんまに王道って感じ。(クリス・ヘムズワースを除いて)
終盤の怪物大暴れのシーンは圧巻。
考えうる殺戮方法を全て出し尽くしていた。

ホラー映画の裏側を見れたようで新鮮だった。
日本支部に対するジョークもクスっときた。
aya

ayaの感想・評価

3.5
B級感少しあるけど、まぁまぁ好き。
色んな怪物一回で観れてお得かも笑
ホラー映画によくある若者の集団が襲われるというお約束の展開が、偶発的に起きたものでなく、謎の組織により作為的に行われていたとしたら。そんな映画。これを読んでも何が何だかという感じだろうが、まぁ要するにメタ要素の塊である。『死霊のはらわた』などの有名なホラー映画のネタが使われているので、ホラー映画が好きであればあるほど楽しめる映画だ。

ジャンルとしてはホラーに入ってはしまうが、前半は完全にコメディである。ちょっと怖いけどなんか笑っちゃうような、いや完全に笑っちゃう展開になっているのだ。ホラー映画のお決まりのパターンのパロディの連続で、それに対するキャラのリアクションがいちいち笑いを誘ってくる。彼らのせいで怖いはずのシーンが笑いに変わってしまうのだ。

しかし、後半からは意外と真剣な展開になってくる。主人公たちが助かるかどうかでしっかりハラハラドキドキする展開となっているのだ。この手の映画にしてはキャラ付けが多少はされており、彼らに死ぬという運命から逃れて欲しいと思ってしまうのだ。そして観客を裏切る意外な展開の連続。映画としてかなりしっかりとした作りになっている。

この映画は昔ながらのホラー映画に対してのリスペクトをはらいつつも、"古き良きもの"に頼りきっているホラー映画を揶揄している。いくら名作だからといって、その名声にあやかった作品ばかりでは意味がない。映画にはオリジナリティや斬新さというのが必要なのだ。リメイクやらリブートが多いホラー映画界に一石投じた作品である。

このレビューはネタバレを含みます

いい感じにハラハラして面白かったけど、最後おばさん(愚か者)ゾンビ少女(処女)ってことでハッピーエンドかと一瞬思ったけどそんなことなかった( ˙꒳​˙ )
>|