「愛、アムール」に投稿された感想・レビュー

踊る猫
踊る猫の感想・レビュー
2017/03/15
4.3
老いて行く妻とその看病をする夫。スジを要約してしまえばそれだけの話……なのにここまで人を惹きつけるのは何故なのだろう。むろん俳優陣の演技の賜物でもあるだろうが、それと同じくらいこの映画が「計算」され尽くした作品であるからに他ならない。開け放たれた窓、あるいは外から入って来るニュースは閉ざされた登場人物たちの心が辛うじてその接点に依って繋がっているという、斎藤環氏風に言えば「引きこもり系」の人々の(ハネケの映画では登場人物たちは皆「孤独」だ)心理をそのまま象徴しているかのようでもある。タイトルは「愛」だが、彼らの間に「愛」はあったのだろうか? 例えばそれは食事の場面が象徴しているように一方的なものではなかったのか? そのエゴこそがしかし、「愛」なのではないか? 色々なことを考えさせられる。ラスト・シーンの余韻もあってこの点数にさせられてしまった。いや、興味深い作品だ。
mii
miiの感想・レビュー
3日
3.0
フランス映画らしい映画だった。
清水瑶志郎
清水瑶志郎の感想・レビュー
3日
3.7
かなり亡き母を想起…

電動車椅子で遊んでるところ、すごいハネケだなと思った
あお
あおの感想・レビュー
5日
3.4
少し怖いくらいの愛
私には持ち得てないもの
W
Wの感想・レビュー
5日
4.6
とてつもなく繊細な「愛」の物語。

親子や他人に比べて、恋人や夫婦は対等な関係だ。だからこそ、その相手に看取られることは一番幸せなことかもしれない。だけど看取る方は、それまで人生を対等に歩んだからこそ余計に、弱ってゆく相手を見るのが辛いだろう。

この手の話は取り扱いがとても難しい。ちょっとでもさじ加減を間違えると違和感を抱きかねないところを、ギリギリのところで成立させている。

理由はいくつかあると思う。
まずは、役者。とにかく夫婦役の2人が素晴らしい。
その場で手を重ね合わせているだけで、若いときの幸せなひととき、出会いから今までの長い時間の積み重ねがじわじわと伝わってくる。
アカデミー賞にノミネートされたエマニュエル・リヴァもだけど、個人的には実質的な主人公である旦那さんに感動した。

部屋に鍵をかけたり、奥さんの手をさすったり、真夜中に思いつめたり、つい手を挙げてしまったり…ほとんどが無言で行われる行動を通して、彼がどれだけのものを背負っているか、どれほどの覚悟をもっているか、そしてどれほど奥さんを愛しているか、痛いほど伝わってくる。

もうひとつは、音楽も、カメラワークも、セリフも、徹底的に無駄なものを削ぎ落とし、観客に2人の心の動きだけを提示し続ける演出。息が詰まるほど静かに、2人の物語だけが存在している。

この映画は決して、「尊厳死」とか「年を取ることは辛く苦しい」とか、そんなことを言いたいのではないのだ。

長年連れ添った2人の、無駄なものが削ぎ落とされた「愛」。誰でも手に入れる可能性はあるのに、なかなか死ぬまでもち続けるのは難しい「自分を愛してくれる人」の尊さ。

ひとりの人が、自分の命をかけて愛する人を守り抜こうとした。
最後の彼の決断は、あくまでも最期まで彼女を守り抜くための手段だったのだろう。
れん
れんの感想・レビュー
5日
4.2

このレビューはネタバレを含みます

考えさせられすぎて感想がまとまらない……
終盤にさしかかるまでの介護描写が飽きがきてしまうほどに長いのだけど、その介護をしている様子を長々と見せられているからこそ、最後のおじいさんの選択を頭から否定することができない
本当に大切だからこそ相手の望みを優先すべきなのか、大事な人だからできるだけどんな手段を取ってでも一緒にいられるように計らうべきなのか、、
少なくとも今は答えがでなさそう……
hitomi
hitomiの感想・レビュー
6日
3.5
長く生きて、死ぬ間際、人は何を思うんだろう。
長く連れ添った大切な人と一緒に居られることが最後の望みであり束の間の幸せになるのだろうか。
愛って深い。
2017年32本目
MFD
MFDの感想・レビュー
2017/03/18
4.0
途中で結末がわかっちゃう。
それでも感動する良い映画でした
>|