愛、アムールの作品情報・感想・評価

愛、アムール2012年製作の映画)

Amour

上映日:2013年03月09日

製作国:

上映時間:127分

3.9

「愛、アムール」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
老いて行く妻とその看病をする夫。スジを要約してしまえばそれだけの話……なのにここまで人を惹きつけるのは何故なのだろう。むろん俳優陣の演技の賜物でもあるだろうが、それと同じくらいこの映画が「計算」され尽くした作品であるからに他ならない。開け放たれた窓、あるいは外から入って来るニュースは閉ざされた登場人物たちの心が辛うじてその接点に依って繋がっているという、斎藤環氏風に言えば「引きこもり系」の人々の(ハネケの映画では登場人物たちは皆「孤独」だ)心理をそのまま象徴しているかのようでもある。タイトルは「愛」だが、彼らの間に「愛」はあったのだろうか? 例えばそれは食事の場面が象徴しているように一方的なものではなかったのか? そのエゴこそがしかし、「愛」なのではないか? 色々なことを考えさせられる。ラスト・シーンの余韻もあってこの点数にさせられてしまった。いや、興味深い作品だ。
これを愛だと言ったら人間は要らなくなる

老老介護の話しです
日本も高齢化が進み他人事ではない話し

奥さんのプライドを守った形になっているけど結局は自分のプライドも捨てられなかったように思う

2人で同じ道を行くにしてもそっちじゃないよ

これさ、他人に殺されたら駄目なんだよね
旦那がやると愛になるの?
命って何ですか
Europa

Europaの感想・評価

4.5
ハネケ監督の映像センスはどの監督よりも好きな気がする。
でも内容が重過ぎて見るのがつらい。
見る気になれない作品がいくつもある。
アーサーCクラークの小説を映画化してくれたら好みにバッチリはまりそうだけど可能性が無い。
YUM1

YUM1の感想・評価

3.7
音の使い方が独特。静かに進むストーリーが真綿で首を絞めるように心に入ってくる。見終わった後はなんとも言えない。
老夫婦の若かりし頃の指使いを思わせる繊細な描写と、現在の二人の肌感覚の時間。ミクロもマクロも大きく包む、宇宙のような何か。
するめ

するめの感想・評価

5.0
純粋な愛
不気味な絵づくりが特徴かとおもってたけど、違った。
行動の余韻、ブレッソンのような行動の積み重ね
それらが噛み合って、心にずしんとくる。重い

老老介護の闇
日本語の「愛」
フランス語の「愛」

一見タイトルで純愛な老夫婦の物語を思い浮かべるかもしれない。

しかし殺害された奥さんのシーンから物語は始まる。

仲良く暮らしていた老夫婦だったが、妻が病気をきっかけに半身不随になってしまい夫が介護することに。

身体的依存をする妻と徐々に共依存になってしまう夫。

タイトルは愛と書かれているが果たして2人の関係は本当に愛だったのか依存だったのか。

愛とは何か色々と考えさせる話
そん

そんの感想・評価

-
オーディエンスが求める愛、娘が求める愛、夫婦だけの知る愛


何が本当の愛で、どの愛を信じて生きればいいのか

その決断をする、それだけでもう愛なのか


スローで丁寧な描写が美しい
Barolo

Baroloの感想・評価

-
評点定まらずなのは、他にもこの監督の作品を観てみたいからだが、もしつけるとするなら、現状では、1点から2点の間。胸糞映画でも好きなものはあるし、バッドエンディングでも、高く評価するものはある。わらすは、決してヒューマニストではないし、どちらかといえば、プラグマティックな人間で、功利主義的な側面もある。だが、モラルに関しては、最低限、ぶれないよう気をつけているつもりだ。それは、人を物理的に傷つけないこと、殺めないこと、そしてウソをつかないこと、の3点だ(最後のは、"ウソツケー"と怒られそうですが)事に最後の点に関しては、物事の本質を偽って欺くものたちもこの範疇に入る。

この映画が人間の尊厳の為の愛を追求することを描写していると感じたのなら、迷うことなく高評価をつけていたと思う。鑑賞後の最初の衝撃が薄れていくと、どうにも座りの悪い何かがつきまとうのである。端的に言えば、見せる為のあざとい描写を底意地の悪い人間が意図的にやっているような気がしてならないのだ。

それは勘違いかもしれない。だから他作品も観てから評価することにした。不快感を与えるのには、何か必ず理由があるはずだ。人間の醜さを訴えたいのか、どうにもならない絶望があることを知らしめたいのか、それとも観ているものを、そういう気分にさせてほくそ笑みたいのか・・・。

他の方のレビューは非常に参考になります。この世に正解は決して一つではないのだから。
>|