akky

プラチナデータのakkyのレビュー・感想・評価

プラチナデータ(2013年製作の映画)
3.3
東野圭吾の小説が原作の映画。今回は原作を読まずに鑑賞。
また鑑賞後も原作を読んでいないため映画と原作の間に異なる点があったかどうか不明である。

主人公が自分の作り上げたシステムに追い込まれていく展開はスリルがあり、とても面白かった。犯人が意外な人物で衝撃を受けた。