シュガーマン 奇跡に愛された男の作品情報・感想・評価

シュガーマン 奇跡に愛された男2012年製作の映画)

Searching for Sugar Man

上映日:2013年03月16日

製作国:

上映時間:85分

3.9

「シュガーマン 奇跡に愛された男」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.7
大泣きに泣いた。いや、アラはある。失礼を承知で言えば主人公となったミュージシャンのロドリゲスの音楽は、リスナーとしての私からしてみれば結局ボブ・ディランに代表されるフォークの亜種としか言えないので、アメリカでヒットしなかったのも当然だろう(にしても、たった「六枚」とは!)。だから彼の曲が南アフリカでヒットした背景はもっと複雑なはずだ。そのあたり掘り下げが足りないというかあっさりし過ぎているという印象は否めない(このあたり、黒人差別問題について「私が」勉強不足なのだろうと思う)。だが、先に書いたことと矛盾するがロドリゲスの音楽はこの作品を聴き込むにつれて心に沁みて来るので、敢えてミュージシャンのサクセス・ストーリーとして省いたのかもしれない。だが、なにに驚かされるってロドリゲスの(これはもうネタを割っているが)「変わらなさ」! 超俗とした佇まいに唖然としてしまった。この作品は他者がロドリゲスを「見つける」までの過程であり、逆にロドリゲスが他者を通じて「自分を見つめ直す」過程なのだ。それは私たち自身がロドリゲスという鏡を通して「自分を見つめ直す」営みでもあるだろう。これ以上書くと長ったらしくなるので控えるが、敢えて自分の道を貫くロドリゲスはまさに「芸術家」なのと断言したい。それこそボブ・ディランのように……。
素晴らしく良かった。全然このロドリゲスというミュージシャンのことは知らなかったけど、こんな人が本当にいるんだ〜と驚いた。
そして彼は南アフリカに移住して大金持ちになった、じゃないところが素晴らしい。心の豊かさとは何かを教えられた気がする。
隼人

隼人の感想・評価

3.0
歌はもちろん、彼の人柄が魅力的。神さまはちゃんと見ててくれてる。それを実感できる映画。
kumi

kumiの感想・評価

4.6
鑑賞後、久々に
落ち着かなくなるほど興奮した作品。

砂漠で小さな石を見つけるようなことが
行動と思いの強さで叶ったなんて、
見えないなにかを感じる。

執念が遠くの人々をつなげた、
奇跡としか言いようがない事実。
emi

emiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

感動的な音楽ドキュメンタリー。南アフリカでは有名で影響を受けたミュージシャンもたくさんいるのに、母国アメリカでは全くの無名で、本人も音楽で生きていくのは諦めて肉体労働の仕事をしていたなんて驚きである。
namida

namidaの感想・評価

3.4
予備知識なく鑑賞したけど、シンプルに良いドキュメンタリー映画だった。ロドリゲスの曲は勿論、生き方も魅力的。
kouzin

kouzinの感想・評価

3.5
2018年21本目
トレーナー思い出の映画らしい。とんでもねぇ話。
Who

Whoの感想・評価

3.8
凄い話ですな!
確かに良い歌だ、そしてかなり攻撃的でとても詩的だ!
でも、実際の本人は本当に穏やかな空気に纏われてて普通の人達とは違うテンポで生きてるような不思議な雰囲気の人だった!
変わり者気取りの偽物野郎とは違う、真の芸術家って感じでしたね!
世の中面白いことがあるもんだなぁ。南アフリカで広まり出したタイミングではロドリゲスのことを調べようとした人がいなくて、何十年後にようやく調べようとする人たちが出てきたっていうのも、なんという運命のいたずらという感じ。当時は調べたくても調べる術もなかったのか、調べたけど挫折したのかもしれないけど。

歌は結構よかったと思ったんだけど、なんで売れなかったんだろう。ちょっとヒップホップも感じるような面白い音楽という感じがして嫌いじゃなかった。

あのルックスにジャケット、そしてロドリゲスという名前も、なんちゃらロドリゲスとかではなく、ただのロドリゲスというのもミステリアスさに拍車をかけててよかったし、それも南アフリカのカリスマになったことの一つの要因にはなってる気もした。
>|