シュガーマン 奇跡に愛された男(2012年製作の映画)

Searching for Sugar Man

上映日:2013年03月16日

製作国:
  • スウェーデン
  • イギリス
  • / 上映時間:85分
    監督
    マリク・ベンジェルール
    キャスト
    ロドリゲス

    「シュガーマン 奇跡に愛された男」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2016/10/16
    4.7
    大泣きに泣いた。いや、アラはある。失礼を承知で言えば主人公となったミュージシャンのロドリゲスの音楽は、リスナーとしての私からしてみれば結局ボブ・ディランに代表されるフォークの亜種としか言えないので、アメリカでヒットしなかったのも当然だろう(にしても、たった「六枚」とは!)。だから彼の曲が南アフリカでヒットした背景はもっと複雑なはずだ。そのあたり掘り下げが足りないというかあっさりし過ぎているという印象は否めない(このあたり、黒人差別問題について「私が」勉強不足なのだろうと思う)。だが、先に書いたことと矛盾するがロドリゲスの音楽はこの作品を聴き込むにつれて心に沁みて来るので、敢えてミュージシャンのサクセス・ストーリーとして省いたのかもしれない。だが、なにに驚かされるってロドリゲスの(これはもうネタを割っているが)「変わらなさ」! 超俗とした佇まいに唖然としてしまった。この作品は他者がロドリゲスを「見つける」までの過程であり、逆にロドリゲスが他者を通じて「自分を見つめ直す」過程なのだ。それは私たち自身がロドリゲスという鏡を通して「自分を見つめ直す」営みでもあるだろう。これ以上書くと長ったらしくなるので控えるが、敢えて自分の道を貫くロドリゲスはまさに「芸術家」なのと断言したい。それこそボブ・ディランのように……。
    KousukeHanda
    KousukeHandaの感想・レビュー
    4日
    4.5
    音楽が全面にクローズアップされるというより、こういう生き方もあるんだよ、と教えてくれるような作品。成功してビッグマネーを稼ぐこととは対局にあるロドリゲスの生き方や歌には自然と共感する人がついてくる。
    最初はなめて見始めたけれど、もう最後は興奮しっぱなし。
    ぐっさん
    ぐっさんの感想・レビュー
    2017/05/18
    3.6
    「めったにない」から「神聖な」へと奇跡の意味合いがシフトする様は もはや伝説
    神宮寺
    神宮寺の感想・レビュー
    2017/05/17
    3.8
    この映画を見るまで、シュガーマンのことは全く知らなかった。ボブディランとも並び称されるくらいの人なのに。実際にアルバム聴いてみたくなった。
    chiho
    chihoの感想・レビュー
    2017/05/13
    4.0
    すごい人がいるものだ、とつくづく思わされるドキュメンタリーだった。

    残念なことに、私は彼の歌にはあまり興味が持てなかったのだけれど、彼の人格の高さは聖人と言っても過言ではないと思う。

    こういう人が、1番見習うべき人のあり方なのではないか。
    奇跡とは、まさにこの人の存在だ。

    神さまは、本当に全てわかっているのだろうな、と思う。
    現代のヨブのような人。
    mince
    minceの感想・レビュー
    2017/05/10
    3.5
    梅田ガーデンシネマで観てきた。窓口でサントラ売り切れ。わかる気がする。パンフが7インチサイズ。 2013-03-18
    フクイヒロシ
    フクイヒロシの感想・レビュー
    2017/05/02
    5.0
    #シュガーマン奇跡に愛された男 鑑賞。
    DVD買いましたよ、レンタルないんだもん。

    こんな神様みたいな人いんのか。。
    何かを作って発表するってことは心に捻じ曲がった何かがなきゃ無理かと思ってたけど、この人の生き方の美しさって何なの????
    しばらく僕の神様はロドリゲスです。
    メルヘン
    メルヘンの感想・レビュー
    2017/05/01
    3.0
    アメリカではまったく売れなかったミュージシャンのロドリゲスが、じつは南アフリカでは反アパルトヘイトの象徴として爆発的な人気があった。
    というのを、関係者各位のインタビューや資料、アニメーションやインサートショットを挟みつつ、謎が解明されていくさまを追体験するかのように構成している。
    はじめはストーンズ以上、ビートルズと並ぶくらい人気があったという話を聞いて大げさだろうと思わず笑っていた。しかし会場を埋めつくす観客(を撮った娘やメディアの映像)や、当人の楽曲、人間性を見るにホンモノだと思うようになっていた。
    時をこえているべき場所を見つけても、ふたたびデトロイトでもとの生活に戻り肉体労働する生き様にはしみじみと考えさせられた。
    久々に、万人が楽しめるようなドキュメンタリー映画を見ました。
    HayakiSaito
    HayakiSaitoの感想・レビュー
    2017/04/28
    4.1
    曲が良い
    >|