シュガーマン 奇跡に愛された男(2012年製作の映画)

Searching for Sugar Man

上映日:2013年03月16日

製作国:
  • スウェーデン
  • イギリス
  • / 上映時間:85分
    監督
    マリク・ベンジェルール
    キャスト
    ロドリゲス

    「シュガーマン 奇跡に愛された男」に投稿された感想・評価

    踊る猫
    4.7
    大泣きに泣いた。いや、アラはある。失礼を承知で言えば主人公となったミュージシャンのロドリゲスの音楽は、リスナーとしての私からしてみれば結局ボブ・ディランに代表されるフォークの亜種としか言えないので、アメリカでヒットしなかったのも当然だろう(にしても、たった「六枚」とは!)。だから彼の曲が南アフリカでヒットした背景はもっと複雑なはずだ。そのあたり掘り下げが足りないというかあっさりし過ぎているという印象は否めない(このあたり、黒人差別問題について「私が」勉強不足なのだろうと思う)。だが、先に書いたことと矛盾するがロドリゲスの音楽はこの作品を聴き込むにつれて心に沁みて来るので、敢えてミュージシャンのサクセス・ストーリーとして省いたのかもしれない。だが、なにに驚かされるってロドリゲスの(これはもうネタを割っているが)「変わらなさ」! 超俗とした佇まいに唖然としてしまった。この作品は他者がロドリゲスを「見つける」までの過程であり、逆にロドリゲスが他者を通じて「自分を見つめ直す」過程なのだ。それは私たち自身がロドリゲスという鏡を通して「自分を見つめ直す」営みでもあるだろう。これ以上書くと長ったらしくなるので控えるが、敢えて自分の道を貫くロドリゲスはまさに「芸術家」なのと断言したい。それこそボブ・ディランのように……。
    1970年にアメリカでデビューし2枚のアルバムをリリースしたが全く売れず、姿を消したミュージシャン、ロドリゲス。
    しかし1970年代後半、遠く離れた南アフリカでは彼の名前を知らない人がいないほどに熱狂的な支持を集めていた。

    そんなロドリゲスは今どこで何をしているのか、死んだという噂もある。
    彼の消息をたどりながら、数奇な人生を振り返るドキュメンタリー。

    曲はすごく魅力的!
    でも、ドキュメンタリーとしての魅力には欠けるかな…
    ummidori
    4.3
    月並みな感想ではあるけれど、音楽の凄みを実感する映画。

    全く違う文脈で(一方は荒廃するデトロイト、もう一方はアパルトヘイトの吹き荒れる南アフリカ)、「これこそがまさに私達の歌だ!」と思わせる何かが彼の音楽・歌詞に存在したことに、音楽をはじめとする文化のユニバーサルな一面を垣間見る。個別的なもの、「本質的」と解釈されるものが、不思議と普遍的な共通性をもってあらわれてくる。

    また、なぜ彼の音楽が(ボブ・ディランとは違って)アメリカでは全く受け入れられなかったのかということを考えるのも、ひとつの取っ掛かりになるような。どうしても、対比関係でみてしまう。

    とにかく、私は私の生きているこの場で、ロドリゲスを「私の歌だ!」と思うことが出来るのだろうか。いっぱい聴いてみなれば。あるいは、今の日本で「これこそが私たちを表現している!」ような文化的表象はどういうものになりうるんだろうか。

    うーん…日本の哲学者は歌わないのだろうか。
    tarr1124
    2.0
    話としては面白いけど、冗長だった
    aktr
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    第一印象は、ヒットに恵まれず忘れ去られた無名の天才シンガーソングライターの"わびしい一生"をなぞるだけの映画だと思っていた。最初の視聴では冒頭から30分ほどまで見て放置していた。

    数ヶ月経った頃思い出して再視聴した。70年代アパルトヘイト下での南アフリカでの評価の状況、"再発見" そして… この上ないカタルシスを得た。

    "再発見"されるまでの暮らしぶり、ようやくスターになった時。穏やかだが軽くない、しっかりと根を張ったロドリゲスの力強さにシビれた。まるで仙人。
    全編を通して流れる楽曲もまた染み入る。
    しゅう
    3.7
    字幕版を鑑賞。

    実話の面白さも去ることながら、ロドリゲスの音楽それ自体がとても良いので、最後まで気持ちよく見る事が出来る。

    70年代の商業的挫折と98年の南アフリカでの奇跡的な再評価のどちらにも影響をされず、彼は変わらなかったという結末も琴線に触れる。
    DOALA
    3.6
    高校生の頃ギターの先生と小さな箱で鑑賞。こんな人生あるんだね。
    フェイクドキュメンタリーじゃないの?ってほど奇妙な物語。しかし、ロドリゲスの生き方、素晴らしいですね。
    映画的な演出も相まって、とても面白く拝見させていただきました。
    ロドリゲスの歌は韻の踏み方がとても心地良いですね。
    コールド・ファクトがほしいのですが、ちょっとプレミア付いちゃってるのかなー?
    >|