シュガーマン 奇跡に愛された男の作品情報・感想・評価

シュガーマン 奇跡に愛された男2012年製作の映画)

Searching for Sugar Man

上映日:2013年03月16日

製作国:

上映時間:85分

3.9

「シュガーマン 奇跡に愛された男」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.7
大泣きに泣いた。いや、アラはある。失礼を承知で言えば主人公となったミュージシャンのロドリゲスの音楽は、リスナーとしての私からしてみれば結局ボブ・ディランに代表されるフォークの亜種としか言えないので、アメリカでヒットしなかったのも当然だろう(にしても、たった「六枚」とは!)。だから彼の曲が南アフリカでヒットした背景はもっと複雑なはずだ。そのあたり掘り下げが足りないというかあっさりし過ぎているという印象は否めない(このあたり、黒人差別問題について「私が」勉強不足なのだろうと思う)。だが、先に書いたことと矛盾するがロドリゲスの音楽はこの作品を聴き込むにつれて心に沁みて来るので、敢えてミュージシャンのサクセス・ストーリーとして省いたのかもしれない。だが、なにに驚かされるってロドリゲスの(これはもうネタを割っているが)「変わらなさ」! 超俗とした佇まいに唖然としてしまった。この作品は他者がロドリゲスを「見つける」までの過程であり、逆にロドリゲスが他者を通じて「自分を見つめ直す」過程なのだ。それは私たち自身がロドリゲスという鏡を通して「自分を見つめ直す」営みでもあるだろう。これ以上書くと長ったらしくなるので控えるが、敢えて自分の道を貫くロドリゲスはまさに「芸術家」なのと断言したい。それこそボブ・ディランのように……。
なにわ

なにわの感想・評価

4.0
今すぐ誰かに薦めたい。
すす

すすの感想・評価

-
蔦屋代官山
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
くぅー

くぅーの感想・評価

4.1
I wonder、 I wonder、 I wonder、... Wonderful !? な余韻で、ベタながらも音楽のパワーと数奇な人生に酔いました。
あまりにもAmazingな人生の旅なので、安っぽく多くは語りませんが、時代に合った歌を歌いつつも、なぜか時代に見放されてしまったのに、その時代が結果として奇跡へと導く…地球の裏側まで普及したネット社会のこれからは起こり得ない話だけに、実に感慨深い。
何よりも奇跡が起きてもリラックスしている当の本人、ロドリゲスの姿が神々しくもある。
Shiho

Shihoの感想・評価

5.0
心の底から感動した映画

その後南アに旅行した際、現地の人に聞きまくったら、みんなロドリゲスを知っていて、さらに感動した。
papi

papiの感想・評価

3.5
奇跡の「卑屈にならない人」。音楽とか不思議な運命とかより、ロドリゲスさんの卑屈にならなさが奇跡であります。次女と三女の俗っぽさもサイコーだし、生い立ちとか妻の存在とかに何にも触れないところも良かった。

このレビューはネタバレを含みます

いろいろ置いといてとりあえず曲がめちゃ良い!!!

内容自体も夢があって好きだった、もっと若い現役時代にシュガーマンが南アフリカでの自分の人気を知ってたら、それを糧にもっとたくさん音楽やってもっといい曲いっぱい書いてたんじゃないかと思うと惜しいけど、生きてる間に南ア行けたとこにすごい救いがあって本当に良い話だった

あとこんないい曲作ってても、売れないもんは結局売れないんだとも思った。「いいもの作れば売れるなんて大嘘」ってことを正面から突きつけてくる意味でもいい映画でした
【人探し型ドキュメンタリー】2012年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞。英題がsearching for sugarman であるように典型的な人探し型。気に入ったのは歩きのドリー(決して寄らない)と生活ショットの登場シーン。ドキュメンタリー映画ってズームインしないな。ENGとは違うレンズの問題かな。内容としてはあれだけ探したのに15年前にライブをしていたというところ。そこには気づかなかったのか。
USでヒットしなかったミュージシャンのアルバムが運命に導かれ南アで大ヒット。伝説のミュージシャンに。空白の期間は挫折しながらも心は豊かだった彼。南アに降り立ち奇跡の復活ライブは鳥肌たったわ。よかった!
>|