シュガーマン 奇跡に愛された男の作品情報・感想・評価

シュガーマン 奇跡に愛された男2012年製作の映画)

Searching for Sugar Man

上映日:2013年03月16日

製作国:

上映時間:85分

3.9

「シュガーマン 奇跡に愛された男」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.7
大泣きに泣いた。いや、アラはある。失礼を承知で言えば主人公となったミュージシャンのロドリゲスの音楽は、リスナーとしての私からしてみれば結局ボブ・ディランに代表されるフォークの亜種としか言えないので、アメリカでヒットしなかったのも当然だろう(にしても、たった「六枚」とは!)。だから彼の曲が南アフリカでヒットした背景はもっと複雑なはずだ。そのあたり掘り下げが足りないというかあっさりし過ぎているという印象は否めない(このあたり、黒人差別問題について「私が」勉強不足なのだろうと思う)。だが、先に書いたことと矛盾するがロドリゲスの音楽はこの作品を聴き込むにつれて心に沁みて来るので、敢えてミュージシャンのサクセス・ストーリーとして省いたのかもしれない。だが、なにに驚かされるってロドリゲスの(これはもうネタを割っているが)「変わらなさ」! 超俗とした佇まいに唖然としてしまった。この作品は他者がロドリゲスを「見つける」までの過程であり、逆にロドリゲスが他者を通じて「自分を見つめ直す」過程なのだ。それは私たち自身がロドリゲスという鏡を通して「自分を見つめ直す」営みでもあるだろう。これ以上書くと長ったらしくなるので控えるが、敢えて自分の道を貫くロドリゲスはまさに「芸術家」なのと断言したい。それこそボブ・ディランのように……。
ロドリゲスという人の音楽性よりも、むしろ地に足のついた生活者でありながら、毎日のルーティンを楽しんで特別な行為に変えているところに心を動かされる。彼にとっては音楽もそのうちの一つなんだろうと思う。とはいえ、南アフリカでのライブ映像は感動的。
ただ一つの違和感は、反アパルトヘイトの英雄となりながら、出てくる人々や観客が全員白人であったところ。たった1人の黒人の登場人物は(タブー・レコードやかつてはモータウンの社長でもあった)サセックス・レコードのクラレンス・アヴァントのみ。この映画の中ではほぼ悪役だし。
このドキュメンタリーはただ美しい奇跡があったことを描きたかったんだろうけど、アメリカで全く無名だったロドリゲスがなぜ南アフリカで国民的英雄となったのか、もっと社会的背景を知りたいと思う私には少し物足りなく感じた。
邹启文

邹启文の感想・評価

5.0
この映画の1番凄い所は、ドキュメンタリー映画なのにマジョリティを描けていることだと思う
普通のドキュメンタリーじゃあマジョリティなんて全く描くことなんてしない、できない、マイノリティしか描かないばかりなのにね
更にはドキュメンタリー映画なのに物凄い上がる瞬間がある
とてもといえるほど真似できない、この映画が日本公開した時期と同じ時期アンビリーバボーでシュガーマン特集を取り上げていたが比べ物にならない。テレビで感じた感動の10倍は心を動かされる
mei

meiの感想・評価

3.8
\ 火曜日は音楽ドキュメンタリーの日!! /
本国アメリカでは無名な歌手なのに
実は南アフリカではヒーローだった!?

すごくいいドキュメンタリーでした。
ちょっとミステリーぽかったりして
作品としても充分楽しめました \( ¨̮ )/

デビューしたものの全く売れずに消えていった歌手が、地球の裏側で爆発的にヒットしてるだなんて誰も思いもしないよね。もちろん本人も全く知らない。これが実話だなんて人生は何が起こるかわからないな…。

作中に流れる彼の曲すごく好きです!
ずしんっと歌詞が心まで届く力強い歌声。
歌だけではなく人柄も考え方も魅力的。

最後のライブシーンは鳥肌がたった!
なんだろう…この目頭が熱くる感じ。
今まで彼のことを全く知らなかったのに
ずっと彼のことを待っていた気がする。


初心者さんへのおすすめ度:★★★
-----------
誰が見ても楽しめる作品です。
KatoTomoko

KatoTomokoの感想・評価

4.5
芸能を降りた後の彼を知る、市井の人たちにの語る言葉の強さと多彩にも驚きを隠せない。建築現場の監督さんとか。最初に提示される、彼を知るはずのレコード会社の言葉の薄さとの対象色がつよすぎて、図らずも素晴らしい演出!
ポチャ

ポチャの感想・評価

4.5
最高。彼のアルバム買いました
ペイン

ペインの感想・評価

4.5
“アカデミー賞?明日仕事あるから欠席で!”

そんなことを平然と言ってのけてしまうロドリゲスさんの人柄がとにかく魅力的。

ロドリゲスさんの歌もボブ・ディランとはまた違った本当に素晴らしすぎる歌で大ファンになってしまった。

良いものは決して滅びない。
例え最初は受け入れられなくともいつかきっと誰かの心に届く。

そう思わざるを得ないラストには号泣です。素晴らしいドキュメンタリー映画の傑作でした。

このレビューはネタバレを含みます

巡り巡って。
殆ど作り話のようなドキュメンタリー。感動。

お金の行方を詰問する場面以外、カメラの前で起こることにリアルタイム性はなく、意図されて作られた場面も多々ある。
ドキュメンタリーではあるのだけれど、ときに劇映画と錯覚するほど巧みに構成されている。撮影も素晴らしい。

ある国ではヒーローだが、本国では誰も知らない。その二つの極端な世界を「歌」が旅してゆく。
名声のそれと比べ、音楽のバイタリティはなんと強いことか。
その栄光を見て「奇跡」と言うよりは「約束された」という言葉が浮かぶ。
当然、そうなるだろう。

しかしどの分野にしろ30年の年月をかけて認められるなんて耐え難いな。
追ってゆけばその要素もあったのではないかと思うが、この映画には悲劇的なところが微塵もない。
当のロドリゲスは欲に執着無く、今も地に足を付けて飄々と生きている信念の人であった。
すげえかっこいい。音楽ジャンルは違うけどパンクだなぁ。

同じデトロイト産の音楽奇跡『バンド・コールド・デス』との二本立てで何処かで上映してほしい。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.5
2013/3/23鑑賞(鑑賞メーターより転載)
@角川シネマ有楽座。本国アメリカでは誰一人知る人がいない無名歌手なのに、南アフリカでは誰一人知らない人がいないプレスリーよりも有名なアーティスト、というフィクションなら速攻でボツを食らいそうなまさかの実話を、その謎の歌手ロドリゲスやその探索に尽力した人々の話で綴っていく。いたって普通のドキュメンタリーではあるが、やはりその謎を追い求めていく過程のドキドキ、そして突然ヒーローになっても一切奢らず真の意味で"ロックしてる"ロドリゲス本人の豪快さがとにかく秀逸で清々しい。日本の自称ロケンローラーも見習うべき!
>|