ざっきー

偽りなき者のざっきーのレビュー・感想・評価

偽りなき者(2012年製作の映画)
4.1
セッションと同じくらい、もう二度と観たくないと思った傑作。終わり方も秀逸。
デンマークの寂れた田舎の風景が実に美しい、と共に田舎ならではの村八分の光景が実に惨たらしい。

思い込みや人間の集団心理が一番怖いね。なんかムカムカしすぎて未だに腑に落ちない。理不尽すぎて主人公が本当に可哀想。
こっちは冤罪だってわかってるからこそ終始イライラする。「子どもは嘘つかない」ってなにそれ?その時点で思考停止してるわ。もっと冷静に客観的事実で考えろや。

でもそういう風に思わせる構成や役者の演技って凄いなとも思う。あの子役なんて、顔見るだけで反吐が出る。
保育士に見てほしいけど見せたくない作品No.1。