だいざる

ハナ 奇跡の46日間のだいざるのレビュー・感想・評価

ハナ 奇跡の46日間(2012年製作の映画)
4.0
これは面白かったし、熱かった!そして号泣でした。

1991年に初めて結成された卓球の朝鮮半島南北統一チームの実話を基にした作品。
政治的な要素はもちろん取り入れられていますけども、堅っ苦しい雰囲気は全くなくてどちらかというとスポ根的な要素の方が強い作品。

卓球大国中国を倒すべく結成されたチームなのに事あるごとに選手達は対立してしまう。
規律を重んじる北朝鮮人、ユーモアは大切だと謳う韓国人、そりゃ合わないですよ。カルチャーギャップが大きすぎる。
寄ると触ると揉め事が起きる。
そうなると試合でも良い結果が出ない。

業を煮やしたコーチ達の決死のみんな仲良くしようぜキャンペーンの甲斐もあって、北も南のも関係なく1人の人としてお互いを認めるようになっていく。
この過程が良い!というか全体のストーリーが王道すぎるほどの王道だけども良い。
友情・努力・勝利。ど真ん中です。
某漫画雑誌愛読者の私はこの文句がたまらなく好き。

マイフェイバリットスポーツムービー『タイタンズを忘れない』を思い出しました。あちらは高校が舞台の黒人と白人のアメフト統一チームのお話です。興味がある方はぜひ。傑作ですよ。
あの映画ら「レフトサイド!ストロングサイド!」と言い合う、心を通い合わせたシーンが一番グッとくるんですよね。
やっぱり対立していた人達が心を通い合わせるシーンには心打たれます。

「チームの絆より偉大な戦術はない。」
さらっとチームの監督が言うセリフですけど、これは名言。
全スポーツ映画でぜひとも使いましょう!

最初は好きな女優ぺ・ドゥナ目当てで観てましたけど、あっという間に作品自体に惹かれるようになりました。
でもやっぱりぺ・ドゥナは凄かった。
卓球は以前から嗜んでいたようなんですが、今回の役がサウスポーの選手のため左で打てる練習を積んだそうです。
普段使わない左腕の筋肉を酷使したため肩を負傷してしまっても、3ヶ月もの厳しい鍛錬を積みこの映画の撮影に臨んだとのこと。
卓球の練習の合間を縫って朝鮮語も週に2回みっちり習った。その役作りのために努力を怠らない、役に対する真摯な姿勢がたまらなく好きです。かっこいい。
あと、単純に黒髪ショートヘアの背が高い女性が好きというのもある。

同じアスリートだからわかる辛さ、悔しさ、もどかしさ。
そこには国境なんてない。
仲間を思う気持ちは気高く尊い。その気持ちに政治も民族も関係ない。
でも、いくら心を通わすことが出来ても絶対に越えられない壁は存在する。
この映画が伝えたかったことはわかる。
でも、その壁が壊れる日は来るのかな。来たらみんな幸せなのかなと思ってしまう。