カルテット!人生のオペラハウスの作品情報・感想・評価

「カルテット!人生のオペラハウス」に投稿された感想・評価

ストーリーはどうであれ、音楽のある映画は幸せだ。

ちびっことクラリネット奏者のじいちゃんとのアンサンブルのシーン。一人じゃなくて経験豊かな誰かと演奏したり、あたたかい聴衆がいるって喜びだなよなあ。ヨーロッパではこういう環境が自然とあるから、次の世代へクラシックが受け継がれ根づいていく。

野心家で常にレベルの高い演奏を目指してきた演奏家が、加齢とともにそれができない自分を認められなくて舞台に立ちたがらない姿が切なかった。

あとはハッピーバースデーをおもむろに歌い出すシーン。みんなの合唱のレベルがあまりに高くて、つい感極まってしまった。

エンディングで、出演していた実際の奏者の現在の姿と若かりし頃の並べられた写真にも、積み上げてきた時間や努力への尊敬がこみ上げる。

はあ、、やっぱり音楽すきだなあ。
「ビーチャムハウス」は引退した音楽家たちが身を寄せる老人ホーム。建物とか庭とか部屋とかとても豪華で、いつも美しい音楽(クラシック)に包まれてそれはそれはゴージャス。しかし「老い」は平等にやって来る、そしてホームの存続にも危機が訪れる…そこで元音楽家たちがガラコンサートを計画、しかし難問が待ち受けて…
最終的にジーンとレジーが過去のわだかまりを抱えつつもそれを克服したところ、ホームの皆が「今」を懸命に生きているところに感激しました。
aki

akiの感想・評価

3.5
歳を重ねると癖が隠しきれなくなる。そんなエネルギーはなくなり、どうでもよくなって。お互いそんな中でも想い合えることは、幸せなことで。歳だからではなく、歳だからこそ。歳だからこそ、というメッセージを感じる映画。
tuge

tugeの感想・評価

3.0
鑑賞記録
suzu

suzuの感想・評価

3.3
音楽家が集まる老人ホームでの物語。
“オペラは血を流しても歌い続ける”

イギリス人は年を重ねてもスーツが似合う…。
老人ホームにいるときとオペラハウスで歌うときの雰囲気がまるで違う!


ときどき出てくるジョークがおもしろい。
オペラ歌手や音楽家たちが暮らす老人ホームが舞台。そこらで歌が起こったり、楽器を演奏したりと、とても賑やかに楽しそうに見える。痴呆気味だったり、体調がよくなかったり、それでも若い頃の煌めきを忘れず持ち続けるって美しいな〜
若い頃の回想を挟まない描かれ方が良かった。シシーが本当に可愛かった!
Uknow

Uknowの感想・評価

2.5
EDの出演者の今昔写真比較が一番じっくり見たところかも。

老いも若きも皆悩むが、過去という生きてきた時間があるがゆえに動けなくなってしまう時もある。しかし、音楽に心癒されまた、音楽で癒し合う仲間との関係は年齢などというものを超える力を持っている。

穏やかな光の演出と画面の時を重ねた優雅さがある。
jackpov

jackpovの感想・評価

3.6
わぁハリーポッターだァ、とか思いながら見てた
普通にいい話
泣き所とかよくわかんなかったけど、スタッフロールでエキストラの写真が流れたところで不意に涙が出た
>|