フッカー

清須会議のフッカーのレビュー・感想・評価

清須会議(2013年製作の映画)
3.9
ありゃ~評価低いですね、俺はこれ楽しめたし面白いと思ったんだけどな。

時代劇、侍たちの戦いは刀・合戦ではなく、討議の場・会議。
本能寺の変以後、信長亡き後跡継ぎを決めるため織田家は激震する。

文武両道、信孝を推す柴田勝家派
vs
幼少信長を真似るただの大うつけ、信雄を推す羽柴秀吉派

の清須会議への策略飛び交う布石を描く。


時代劇だけど刀で斬り合うってのが全くないのが面白いなと。
それでいて各々の信念はよく表れていて、何を重視するかによって分派し、情とは別のところで争う。

これ立派な男の戦ですよ。

役所広司演じる柴田勝家が主役!!
と見せかけて、主役は大泉洋演じる羽柴秀吉じゃないかなと。
従来の短期的な視点しか持てない人物には、流れ来る時代の波についていけない、そういう空気が如実に出ているんですね。

家柄や血筋ではなく、もっと合理的に広く長期的な視点を持って、時代を読む人物が求められる時点。
従来の封建的な在り方はもう死にかけてますね。

それこそ信長の後を継ぐべき人であり天下をとるということ。

役所広司の豪快な勝家も良かったですが、大泉洋の成金出まくりの秀吉も良かったなあ。

劇や舞台のような感が強く、映画としてちょっと違和感を覚えますが、細かいとこ笑える。
「らっきょうお持ちしました!」とクンカクンカ笑
あと信雄、妻夫木くん大爆走!!!\(^^)/
ちょっと旗とるゲームだよぉぉ
「旗って、何だ?」
よっ大うつけ♪
あんたはマジだよ♪
くそわろたん♪


歴史を扱ってるからこそこっちは既に結末を読めてる
っていう点で少し面白味は減るかもしれないですが、

「それぞれの信念に基づいた思考の違い。
そしてその思考が時代の機運に合っているか」

これをしっかり描いていて自分としてはとても楽しみました。

大分誇張されてはいますが勝家バカだなぁ。でもこういう愚直で熱いバカ大好きなんだよなあ。嫌いになれない、そういうのがこの人の強み。

だからこそ、勝家の参謀丹波との
「円満の秘訣」はグッときたなあ。
男の感情的な信頼って、この時代こういう感じしか表せないですよねあの二人の立場的にも余計。

あと何気に伊勢谷友介演じる織田信包が良い味出してました。
信長存命中は目立ちませんでしたが、彼の弟だけあって視点が長期的。
時代を読んでいる。

だからこそ、秀吉に言った「滅ぼしちまえ」は彼の思考と割りきりが表れていて好きです。

こんな感じで、時代物の中でも
知略戦と時代の流れがよく表れていて楽しめました~♪

人の心を掴むのはなにか
その想像力があるとないとは大違いですね。
これこそこの映画での清須会議の明暗となった決定的な勝家と秀吉の違い。


蟹あげるよ、嬉しいだろ?
ってあんた笑
でもこういう情を重視した熱い男、説得といったら義理人情で攻める男バカだけど大好きです。生き残るかどうかは時代ですなあ。

えーーと、見る前から歴史的にネタバレみたいな感じですが、このレビューネタバレかけるかどうか大分悩みます(><)
最近何処からネタバレなのか大分悩む。
ここ最近の自分のレビューセーフですかね?