だいざる

建築学概論のだいざるのレビュー・感想・評価

建築学概論(2012年製作の映画)
4.0
「私たちはみんな、誰かの初恋だった。」
このキャッチコピーの通り、初恋を描いた映画です。
韓国映画のラブストーリーは激甘な物が多いですけども、これは苦いです。無糖です。そして切ないです。
初恋で苦い思いをした事のある人、特に男性は当時の自分を主人公に重ねて胸が苦しくなる作品だと思います。
韓国の激甘ラブストーリーは苦手という方もこの作品はイケると思います。

建築士のスンミンの元に大学時代の初恋の相手ソヨンが訪れる。ソヨンに家を建てて欲しいと頼まれたスンミンは家を設計するのだが、徐々に過去の記憶が思い起こされて・・・。

初恋相手に再会した主人公の男性が過去を追憶する形で進んでいくストーリーで、過去と現在が交錯する演出が巧みです。

この2人はどうしたら上手くいっていたのだろう。
あの時の言葉の裏を読み取れていれば。
秘めた想いを打ち明けていれば。
一歩踏み出す勇気があれば。
「お前どう考えてもそれは相手からの告白だからな!」というセリフがあっても、それを見事にスルーする登場人物。
どんだけ恋愛偏差値低いんだよ!と、もどかしくもなりますが、そう思えるのは第三者で客観的に見れているからなのかもしれないですね。当事者だったら気付かないのかも。

CDとプレーヤーを使ったあの演出には脱帽です。見事すぎる。
ソンミンのお母さんと、ちょっとアホな友達を使ったエピソードも良い。特にお母さんとの一枚のTシャツを巡るエピソードには感涙してしまいました。

すれ違う「好き」のもどかしさ、切なさがこれでもかと迫ってくる作品。
これが果たして人に薦める時に適したセリフなのかという問題はありますが、私としてはこれは人にオススメ出来る韓国の恋愛映画となりました。

この映画を観て一つ確信したことがあります。
女性は絶対にお酒に強い方が良い。
酒は飲んでも飲まれるなっていうじゃないですか。あれは金言ですね。
自分の許容範囲をきちんと知っておく事も大事。意識失うほど飲んじゃダメですよ。
もし、飲み過ぎてしまったとしても男に送ってもらうのだけはやめましょう。
悲劇を生みます。