TM

そして父になるのTMのレビュー・感想・評価

そして父になる(2013年製作の映画)
3.9
非凡な作品ではあるので、点数をつけるのはためらうところではあるが、非常に為になる内容だった。

昔よく親に「お前は病院のベッドで入れ違いになった子で血は繋がってないんやで」なんて意地悪を言われたものだが、
それがまさに現実になったパターン。

それぞれの俳優さん達が素で演じていて、最初はぎこちなかったけど、徐々に馴染んでいく感じが良かった。

やっぱり男としてはスレスレで、経済的に余裕あるんだから2人引き取ったらいいやん、みたいな意見もわかるし、
誤魔化せない価値観の違いが如実に出てしまい、真っ暗な海に放り出されているような感覚でした。笑

子どもの表情や仕草を大事にしてる是枝ワールドは健在でそれは嬉しい点。

尾野真千子は「きみはいい子」同様、複雑な母親の役を見事に演じてて、素晴らしかった。

リリーフランキーは良かったけど、関西弁は無茶じゃない?笑

ちょい役で出てくるピエール瀧や、井浦新とかは紛らわしかったので要らないんじゃないかなー、とは思った。笑