r

そして父になるのrのレビュー・感想・評価

そして父になる(2013年製作の映画)
3.8

そして父になる
_
_
エリート街道 洗礼された環境 温室育ち
何不自由ない生活 "形だけの父親"
昔ながらの威厳がある 亭主関白な父親
仕事漬け 家事育児は嫁の 野々宮家
_
かたや 裕福とは言い難いし けして
綺麗な見てくれ 洗礼された生活ではないが
子沢山で 家族皆 伸び伸びと自然体でいれる
笑顔溢れる家庭 陽気な斎木家
_
共に見てきた景色 口にしてきた物 匂い
共有した感情__血の繋がり 過ごした年数
時間が解決してくれる事 大人の事情
マニュアル通りの話の進め方 後悔と記憶
幸せの定義 それぞれの生き方 幸せの在り方
父親として 人間として 成長してく様__
_
慶多と道を挟んで素直なままに話してく姿に
安堵と私の中でつっかえてる物がとれた
親を伺う表情 親の話が耳に入る子供の視点
意識付けて見ると 血の繋がりではないと
感じてしまう仕草 性格が描かれている__
私は奥野真千子の立ち位置で観ていたら
心が張り裂けるような感覚以上な気持ちに陥った
自分の子供と分からなかった罪の意識
子を身籠って "早く産まれておいでー"って
周囲の気持ちと 無事 産めた時の安堵から
このような事件に及ぶ事 後悔と懺悔
誰の助けもなく 1人もがき苦しむ時間
琉晴が"帰りたい"と言った心境
実の子と思ってた慶多に対する 気持ち 裏切
_
鍵盤から流れる音楽 チューリップの歌と
リリーフランキーの言葉たちがグッと刺さる
_
今の私にとって 辛く 受け止めきれない
#誰も知らない を観たような感情に近い
この作品も 何回も何回も とはいかないけど
結婚する前と後 それと..
ストロング0をやめた時にでも
また観ようと思います
_
_