inabow

そして父になるのinabowのレビュー・感想・評価

そして父になる(2013年製作の映画)
5.0
土曜プレミアムにて。
何回観ても引き込まれます。

夫婦と子供たちの不安や葛藤、現実を受け入れようとする思い、はたまた現実に背を向けようとする思い、様々な感情が入り乱れ、物語の推進力が半端ないものになっています。"赤ちゃん取り違え"という深刻な問題を扱っているのに、不謹慎かもしれませんがエンターテイメントととしてめちゃくちゃ面白いのです。

ハッピーエンドでもバッドエンドでもないあのラストも是枝作品御用達。後味も悪そうで実は良かったりする。映画としては完璧なラスト。上手いな~と感心すると同時に、問題を安易に着地させない姿勢から是枝監督が問題と真に向き合っているということが分かります。

子役の演技も自然すぎる。
特に琉晴役の子!佇まいといいしゃべり方といい、素じゃねーの!?と思うぐらい自然。琉晴が手で顔を覆って「ごめんなさい」と謝るシーンは何回観ても泣いてしまいます。大人だけでなく、子供も窮地に立たされて戦っているということがヒシヒシと伝わる珠玉の名シーンだと思います。

…『万引き家族』を早く観なければ!