そして父になるの作品情報・感想・評価

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

「そして父になる」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

結構前の地上波で観ました。もしも自分があなたの子はあなたの本当の子ではないですよと告げられたらどうしようか。こうなったらどうするかな?どちらの家族が幸せ?幸せって?と考えさせられました。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

3.8
嫌いではない。印象にも残る映画。
血よりも、時間じゃないのかなあ
福山雅治のような人とはそもそも結婚しないだろうなと思いながら見ていた
「パパよりも?」

「なんで?パパちゃうやん」

この映画は、本当に大切な言葉を全部、子役に喋らせる。ズルい。泣かずに済むはずがないじゃないか。

要所要所のブルグミュラーのピアノ練習曲が沁みる。こんなに単純な旋律でも、心の奥、深いところを揺るがす。

最初に観たのは単身赴任中、家に帰れない週末でした。私は家族愛もの映画が好きですが、これは屈指の一本です。ぜひ観てください。

小川のほとりの歩道。ちょっと離れて歩きながら、ケイタに語りかけるシーンが好き。
そして初めて、子供と同じ目の高さにしゃがみこんだ。

「もうミッションなんか終わりだ」


2017/02/13初回投稿
a2c

a2cの感想・評価

3.0
記録
pochio

pochioの感想・評価

-
自分の親に育てられてわたしゃ幸せと思ってる
いい映画だが、

福山雅治が受け付けられなかった。

福山雅治の役は、もう少し演技ができる俳優さんをキャスティングした方が
もっといい映画になったんだろうな、と思ってしまった。
namimaro

namimaroの感想・評価

4.0
久しぶりに観たけど良かった〜ロボットのくだりが印象的でよく覚えてた。
産院で取り違えられ、そのまま6年子供を育てた2つの家族。取り違えが発覚し、今後のためにも交換を進めようとするが…。
福山雅治扮する父親としての内面・成長がメイン。
この間八日目の蝉映画と本読んだからか特に、子供の意思は尊重されてないと思ったけど良い話。
カメラのシーンぐっときたT_T
リリーフランキー好き。
尾野真千子ってこういう役すごい合うな〜。
そして東芝なんだな〜笑
ともち

ともちの感想・評価

3.8
なにが幸せか
>|