そして父になるの作品情報・感想・評価

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

「そして父になる」に投稿された感想・評価

万引き家族からの鑑賞。

子供の取り違えの話というより、福山が本当の意味で父になる過程が主なテーマという印象。
まさに、そして父になる。

「誰も知らない」や「万引き家族」でも思ったけど、あの子供達のある意味不自然なまでの自然な演技はどう指導してるんだろう。

個人的に、父親役が福山じゃない方がもっと違った味が出た気がする。
嫌いではないけど、どの映画でも福山はやはり福山なんだ。
万引き家族でもそうだったけど、家族についてすごい考えさせられる映画だった。
ピエロ

ピエロの感想・評価

3.6
いい話でしょ感

このレビューはネタバレを含みます

物分かりが悪過ぎてネタバレ見ました。
最後は育ての子に戻るんですね。でもそうだよな〜想像つかないけれど、血より育てを優先しちゃうかなぁ、と思いました。
そして、わざと取り違えましたっていう看護師が幸せになり時効を迎えてるのは後味悪すぎる…。何故だ。何故苦しめられるのが被害者なんだ…。
お母さん二人が抱き合うシーン、真木よう子のパーカーがリズリサなのがリアルだな〜と思いました。
KazuMax

KazuMaxの感想・評価

3.0
少し子育てを考えた。
ふっか

ふっかの感想・評価

3.8
タイトルに「そして」が必要な意味がわかる。
mkp

mkpの感想・評価

3.9
許されない新生児の取り違えに振り回される、二つの家族の話。実際に自分の子どもがそうなったら、はたまた自分の親が本当の親じゃなかったら、と両方の視点で自分自身を見つめたとき、本当にいたたまれない気持ちになりました。親の葛藤はもちろん、子どもたちも本当に苦しい。子役たちがとても自然な演技で余計にそう思ったのかもしれません。劇的な展開がある話ではありませんが、愛を感じる作品です。わたしはこの映画を見て、血ももちろん大切でしょうが、同じくらい時間も大切にしたいと思いました。
とても難しい題材…。
自分の子供が取り違えられてしまっても、やっぱり一緒に過ごした時間を取ってしまうかなぁと思いました。
難しいですけど………。
取り違えた人が幸せに暮らしているのは腹立たしいなぁ。
面白かった。
子供を取り違えられてしまった2組の親子の話。

何が正解かって本当に難しい。
バッハの「ゴールドベルク変奏曲」のアリア。ゆーったりとしたこのテンポ、歌っているように聞こえる。グレン・グールド本人の演奏なんだ !! !
>|