そして父になるの作品情報・感想・評価

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

「そして父になる」に投稿された感想・評価

万引き家族からの鑑賞。

子供の取り違えの話というより、福山が本当の意味で父になる過程が主なテーマという印象。
まさに、そして父になる。

「誰も知らない」や「万引き家族」でも思ったけど、あの子供達のある意味不自然なまでの自然な演技はどう指導してるんだろう。

個人的に、父親役が福山じゃない方がもっと違った味が出た気がする。
嫌いではないけど、どの映画でも福山はやはり福山なんだ。
namimaro

namimaroの感想・評価

4.0
久しぶりに観たけど良かった〜ロボットのくだりが印象的でよく覚えてた。
産院で取り違えられ、そのまま6年子供を育てた2つの家族。取り違えが発覚し、今後のためにも交換を進めようとするが…。
福山雅治扮する父親としての内面・成長がメイン。
この間八日目の蝉映画と本読んだからか特に、子供の意思は尊重されてないと思ったけど良い話。
カメラのシーンぐっときたT_T
リリーフランキー好き。
尾野真千子ってこういう役すごい合うな〜。
そして東芝なんだな〜笑
ともち

ともちの感想・評価

3.8
なにが幸せか
lipgroup

lipgroupの感想・評価

4.1
これ、泣かずに観れる人いますか?
ツッコミどころは何個かある。子どもの意思が尊重されてなさすぎるし。福山も勝手すぎるし、母親がもう少し意見するべきと思うし。
もし、自分だったらどうするか真剣に考えました。
eimy

eimyの感想・評価

3.8
家族の形について考えさせられる映画。
福山雅治はそんなに得意じゃないけど、息子がとても可愛い。

万引き家族が良すぎるからなんとも言えないけど、誰も知らないを含めて家族って何かなっていう問いかけが一貫して変わらないのが凄いと思う。
リサ

リサの感想・評価

4.1
「なんで?」って聞いて、「なんでも」って返されるのきらい!
LisaOhishi

LisaOhishiの感想・評価

4.0
子役がいい。
アユ

アユの感想・評価

4.0
おばあちゃんとWiiやってるシーンかわいかった。
良多が喉を震わせて泣くシーンに涙、
Masaki

Masakiの感想・評価

3.2

是枝裕和監督作品。カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。

申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩する。

エリートで父親というものを演じているかのように努める良多が子供の取り違いの事件、極端なまでに正反対の両家族との交流を通して、題名通り父になる話。
そのため子供の苦悩や、取り違えそのものには深く焦点を当てていない。

是枝作品あるあるで結論めいたラストには今回もならない。たまにならいいんだけど毎回毎回こういうのばかりだとなんだかなぁ。
毎回どちらが正しいとか間違っているとかを提示しないでこちら側に考えさせる作風なのはドキュメンタリー出身だからかな。

たまには白黒ハッキリしている作品も観てみたいな。

個人的に福山は毎回おんなじような演技でそんなに好きじゃないが、今回のキャスティングは凄い良かった。
父親に見えないような福山だからこそ、成長し父親になる良多という役にハマったんだと思う。
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.5
福山雅治イケメン

過ごした時間が血よりも濃いか否か

今まで、仕事人間だった福山雅治が子供と接するにつれて変わっていく姿
子供から見た親の姿
子育てのやり方の違い、家族生活の違い
などなど

色々見所があったなぁ〜
>|