そして父になるの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

「そして父になる」に投稿された感想・評価

三角

三角の感想・評価

-
貧乏とか階級とか関係ない、皆辛いというのを描いている映画は好きだよ
自分の価値観とか積み上げてきたものが無垢な息子に否定される…というか、子供にとってはどうでもいいんだよね!そんなこと!
KarimF

KarimFの感想・評価

4.0
何回も見てる!見た後にみんなで思ったこと話し合えるいい映画だと思う!
けいたくんかわいすぎる。
子供入れ替えた犯人ほんと意味不明
ラファ

ラファの感想・評価

4.9
今まで見た邦画でトップクラスに良かった。是枝監督のすごさ初体験。なにが幸せでなにが幸せでないのか、本当に考えた。二つの家族の対比が本当にリアルで鮮明でかなり細いところまで写実的に作られてる。過程環境だったり親の仕事だったり住む場所だったり教育方針だったり、父親と過ごす時間だったり。容姿や性格はある程度、遺伝の影響があるのかもしれないけど一緒に過ごした時間や環境が親子の愛情を形成し、環境こそが親子において重要な要因なんだとひしひしと伝わった。けいた君が自分の写真をこっそりとってたことに福山雅治が気づいた時は本当号泣した。福山雅治が息子からの愛に気づいた瞬間。親子とは何か家族とは何かを考える上で必見の傑作。福山雅治「僕にしかできない仕事があるんですよ」リリーフランキー「父親かて取り替えの効かん仕事やろ」このリリーフランキーの返答が一番グッときた。
m

mの感想・評価

3.0
割と好きな雰囲気の映画ではあるけど、終わり方が好きじゃない。
よかった

ただ尾野真千子すごく嫌い
ゼロ

ゼロの感想・評価

2.0
本当の父親とは何か?

是枝裕和監督の作品は、素の人間を描くのが上手で本作品も子供たちを含め、日常の人間が映っていた。

福山雅治演じるエリートサラリーマン・野々宮良多とリリー・フランキー演じるしがない電気店を経営する・斎木雄大。
子どもの取り違えが発生し、二人の家族を描くことになる。

私はどちらも良い父親だと思っている。父親に優れているや優れていないなどない。愛情の形は人それぞれで、野々宮のお金を持って環境を整えることも斎木の経験を通じて心を整えるのも、どちらも間違っているとは思えない。

それだけにラストの展開に疑問を感じた。
monaca

monacaの感想・評価

3.4
本当に大切なのは血縁なのか、共に過ごした時間なのか。
ただただ、子が親を思う気持ちの純粋さに心が洗われた。
血が繋がってなくても、子供からしたらそんなことは関係なくて、自分を育ててくれた人は親なんだなぁ。
大人になると大切なものほど見落としがちになってしまうよね。