ゆいさん

地球、最後の男のゆいさんのレビュー・感想・評価

地球、最後の男(2011年製作の映画)
1.5
難しい…なんて難解過ぎる映画なんだ。
色んな方の考察ブログ見て
理解…という理解はしたが
やはり個人的にはこういう哲学映画は
難しい。すごい丸投げだし。

2001年宇宙の旅に向けての
オマージュ映画と書かれていたが、
私にとって2001年~は大好きな宇宙映画の1つ。

確かに匂い的なもので分別するなら
同じ枠でいるに違いないが、
これはあまりにも
ざっくばらんとしていて
しかも日誌のリーと宇宙飛行士のリー。
これは偶然なのか仕組みがあるのか。
偶然ならばこれって必要性があるのか。

言いたいところはそんな所じゃないのに
ここで遊ぶのか?

って…頭パンクしそうでした(笑)
宇宙映画、好きなので色々鑑賞してるつもりですが、
これを一般的にはオススメはしません。