どーもキューブ

茶の味のどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

茶の味(2003年製作の映画)
3.1

このレビューはネタバレを含みます

石井監督の自然とコンピューター小津的妄念リミックス映画、題して茶の味です。


石井克人監督脚本。

田舎の風景にとけこむかなり妙なキャスティング家族。

我修院の爺さん、三浦友和、手塚理美夫婦。

二人の子供!本作の見せ場制服の少年と可愛い過ぎてアップ多い女の子、二人の妄想。

これが鍵になるのだが。

家族の描き方がバランス悪い為、二人の子供の妄想があまり生えないのが残念。(あっそんなんでましたかーCGてな感じ、このCGの為に脚本を盛り上げ、引っ張ったりする所だが。)

浅野くんと中島さんの下り、草なぎ君庵野監督のシーンは好き。

題も微妙?ノスタルジックな風景にチョイ登場不可思議CGという印象。

 2009年2月14日 10時01分レビュー

追記
石井克人監督が、調子に乗ってきた頃の意欲作。次作「ナイスの森」でやりすぎな友達オムニバスを作り観客をおいてきぼりかつ意味不明な無視においやる結果に。

本作の ほのぼのを ほのぼの
と受け取るか

わざとらしい ととるかですね。

少し 

茶の味
 
と言ってるわりには、かけ離れすぎてる感あり。

「スマグラー」でデビュー作の作風ハード版になる石井監督でした。

私はベタな恋愛物みたいですね、石井克人監督!漫画原作系の!とおもう地方ファンです。






 2009年2月14日 10時01分レビュー