キラー・スナイパーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「キラー・スナイパー」に投稿された感想・評価

ほしの

ほしのの感想・評価

5.0
清々しさを感じるほどのホワイトトラッシュっぷりに胸がすく。ノーパンで出迎えるマミー、つかみは最高。 人間なんて、運悪く小さじ一杯程度の智恵っていうか勘を持ってしまっただけの動物なんだよ。

終盤は最高のメーターが振り切っていた。涙が止まらない。チキンもええけど缶詰めのシーンもとても好き。カンフーの練習も好き。

テキサスかぁ〜
やっぱフリードキンはスゲーな、尊敬する、かっこよすぎ
ゆらゆら帝国の坂本慎太郎が紹介していたので気になり見たのですが、狂ってました。いい人、1人も出ません。結末は予想不可能で楽しめた。当分、フライドチキン食べれない。
開始10分くらいで変な映画ってわかった。ハードボイルドと想像してた。全然違う。殺しのプロフェッショナルの映画でもない。
全然わかんないんだけど、虚無的っていうか、ポンって終わった感じではある。僕の中では。最後の暴力装置なんて見事なもんだね。武の銃の使い方とはまた違う。
モモモ

モモモの感想・評価

3.5
「もう全員殺すしかねえ!」と心の底から思う狂気に満ちたカルトエンディング。
未知

未知の感想・評価

3.5
アラウンド80の巨匠が手掛けた、どんなトチ狂った若手中堅監督の映画よりもトチ狂った映画。
タケオ

タケオの感想・評価

3.8
ギャンブルで借金地獄に陥ったクリスは父親と義理母とともに保険金目当ての母親殺害を計画、直接の殺害は殺し屋ジョー•クーパーに依頼する。妹のドティを担保とすることでなんとか契約は成立するが、保険金の受け取り先が自分たちではないことが判明してしまい•••。

ウィリアム•フリードキンの仕掛ける生々しいバイオレンスとエロイズム、そして頭のネジが外れまくったキチガイキャラクターたちの狂乱祭‼︎

あまりにも過激すぎた本作はアメリカでは上映延期、NC-17歳指定への抗議にも失敗するなど成功コースからは大きく外れることとなったが、それでもフリードキン監督は手を加えずそのままの作品を鑑賞してもらうことにこだわり続けた。

マシュー•マコノヒー演じるロリコンサディスティックサイコパスというあまりにもキャラ立ちしすぎた殺し屋以外にも、威勢だけはいいギャンブル狂いの兄や性に奔放すぎて常識がない妹、典型的なクズ白人の父や下半身丸出しにしながら横領を企てる腹黒強欲義理母など本作には清々しいほどにクズしか出てこない‼︎

キチガイやクズやバカがあの手この手で足を引っ張り合い罵倒しあう様はあまりにも常識外れで、逆にこちらの頭のネジが吹き飛んでしまう‼︎

そんな頭のネジが吹き飛んだ状態での鑑賞を余儀なくされるため、クライマックスには謎の感動が‼︎‼︎

ラストシーンはハッピーエンド•••ってことでいいのか?

まともな判断は不可能だな•••。
Wikiに南部ゴシックコメディと書いてあるのを見て「なるほど」と思った。
全体的にびんぼくさいんだけど、妙に清潔に整っているように見えて、そのなかでゆるやかな破滅がずっと続いていく感じ。
どうしても悪趣味の方が優っているように思えてしまう。フライドチキンとか。

マシュー・マ殺し屋ノヒーは情けない変態にしか見えなかったけど、最後の30分だけはちゃんと怖ノヒーだった。暴力の下に強いられる団欒フェチは一見の価値あり。
瑞鷲

瑞鷲の感想・評価

3.5
マシュー・マコノヒー目当てで観ましたが、演技がなかなか不気味で怖く、相手を屈服させようとする姿は迫力ありますね。
ただ映画自体そんなに面白くはないですけど、最後の女の子のポーズに不覚にも笑ってしまって、この映画は変な感じでした。
ぬこ

ぬこの感想・評価

4.2
坂本慎太郎オススメの映画ってことで観てみた。

確かに、なんだか、妙なんです。

全体的に明るい雰囲気なんだけど、恐ろしいんだけど、えっなんなのこれ、っていうかんじで面白いですよ。
BB

BBの感想・評価

3.4
スナイパーは出てこない
変態めいた殺し屋ジョーのお話
エミール・ハーシュ最初から最後までボコされっぱなし