箱入り息子の恋のネタバレレビュー・内容・結末

「箱入り息子の恋」に投稿されたネタバレ・内容・結末

相手のお母さんに「娘さんと手を繋いでもよろしいでしょうか…?」
なおこさんのお父さん怖い
お母さんのポプリ「潰されたあ」
源さんかわいいこういう役多い
ほんとに後半シュール
最後あれ?というかんじ
職場で星野源が突然奇声を上げるシーンでこの映画は終わった…
吉野家に泣かされました。

星野源が怪我しまくり。
最後らへんは無様過ぎて逆に笑けてくるんですけど、その無様さが良い、という感じです。

終わり方が微妙だったので少し評価は低めです。
ほのぼの系かと思ったら全然違った
夏帆がすごく可愛いし本当に目が見えていないよう…
牛丼屋で席を移動する主人公と、それに気づいて一瞬?となるヒロインのシーンが好き
男女が一緒に食べるとか、美人が一人で食べるとか、牛丼屋での食事がツボなんだよなあ
普通にベッドシーン多くてびびったww
夏帆の目が見えてない感じがリアルですごかった。終盤笑わせにきてるよね完全に。
牛丼を食べるシーンは感動。
普通にすき
星野源の濡れ場。
恋をして相手の父親に侮辱されて今までの自分が嫌になって、あああああって破壊シーン、
健太郎を忘れられなくて、吉野家まで自分で来て泣きながら食べる奈穂子さんを見て泣いて叫ぶ健太郎(そこですぐに声かけなさいよ!)、
13年間皆勤だった仕事を早退してまで、無様になってでも奈穂子さんに攫いに行った健太郎、そして濃厚に抱き合う二人

二人が自分の殻を破って成長する物語なのかな~
丘の上でチューする二人をママが見つめているシーンが一番好きです。

でも、由緒ある家柄とはいえ、親同士が子供の恋愛に口出しするのは好きじゃない。(お膳立てされ過ぎていることからして、普通ではないのは確かだが)健太郎の人となりや事故当時の状況を知ろうともせず、門前払いする姿勢に納得いかない。

また、健太郎が奈穂子の家の壁に張り付いてカエルの鳴き真似〜裸で2階から落ちるところまで、親と健太郎の掛け合いがコメディタッチすぎて、突然映画が変わったように感じる。
困ったら主人公を叫ばせたり、走らせたり、お金をかけた自主映画という感じ。
ライトの光源の位置も前のカットでは存在しなかった位置にあったり、綺麗に映れば何でもいいとか、邦画のレベルの低さが目立つ。
綺麗に撮るっていう意識で撮るならもっと綺麗に撮れるし、コメディタッチでいくならもっとテンポ良くして欲しい。
全然感情移入できない。
なんなのこの終わり方は…終わり方がゴミみたいだと本当に腹立つしマジで時間返してってなる
今までも何回か途中で終わったみたいな映画は観てきたけどこれは途中みたいな終わり方の映画ランキングぶっちぎりの1位だわ
あそこで終わりってことある??????どういう考えであれで終わりでいいって思ったの????終わりの方を作る時間がなかったの??なんなの??星野源が大好きで顔が観れただけで幸せを感じられるなら観たらいいけど映画としては全然おすすめじゃない星野源の裸を観たくてストーリー全く重視しない派の人にはオススメ
>|