P後輩

魔女と呼ばれた少女のP後輩のレビュー・感想・評価

魔女と呼ばれた少女(2012年製作の映画)
-
14歳で贖罪の旅に出る状況というのは、ものすごく切ない。
そして、ゲリラの少年兵が楽しげに観ている(観させられている)映画が、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドルフ・ラングレン主演の『ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション』というのも、いろんな意味で切ない。

>「第62回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門で主演のラシェル・ムワンザが女優賞」
獲って当然の演技。ドキュメンタリーにみえたぐらいだったし。
GYAO視聴史上、はじめての良作。