グッバイ・ファーストラブの作品情報・感想・評価

グッバイ・ファーストラブ2010年製作の映画)

上映日:2013年03月30日

製作国:

上映時間:110分

3.9

「グッバイ・ファーストラブ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ル・シネマのすべて恋しき若者たち特集にて
少年少女の恋愛は、男は簡単に愛を語り女は盲信的な愛に依存する
大人からすると一過性の恋なのだけれど二人は真剣で命懸けで偽りはないし、嫉妬するほど美しい
特に南仏の自然が二人の情熱を柔らかく輝かせていてよかった
過程を描かず時が過ぎ、髪を切って仕事に励むカミーユ
常にノーブラなのが気になるけど雲が去り建築を通して過去と対峙し新しい愛を育んでいくさまが良かったからこそ再会してからの行動に理解できずイライラ。。
真の人間になりたいと旅にでた男
若く経験を共有できず別れた二人
簡単に戻ってしまうのは初恋だから?
本当の愛ならどこまでも突き進めよ
大人になるってなんだろう、、わからなかった
ミ

ミの感想・評価

-
この映画、内容はちょっとした私小説的というかエッセイみたいな感じでそんなに感じることもなかったけど編集が狂ってるというか変で、ずっとわざと変なところでカットをつないでいて、けっこうカット割りは多いんだけどカットとカットの間の連続性をわざと断ち切るような、というかわざと若干つながりを省略する感じでつないでいて(ただ、カット単独で見た時の、いいタイミングで切ってる感はある)、え? なにこれ総集編? みたいな印象を最初受けるくらいで、それによって流れの断絶性が出てるのかカットごとの独立性が出てるのか、効果として青春の焦燥感が出てるのか、映像に生っぽさとかリアル感みたいなものが出てるのか、それとも過ぎ去った過去の断片感みたいなものが出ているのか、単にこういうやり方でも成り立つから切ってしまえってことなのか、何なのかわからなくて、たまに見返したくなってしまう。前作の『あの夏の子供たち』はこんなことしてないしその2本しかこの作家の映画見てないしアサイヤスの影響なのだろうかとも思ったけどアサイヤス一本しか見てないのでようわからん。というメモ
あや

あやの感想・評価

3.7
@Bunkamura
「君の名前で僕を呼んで」公開記念特集上映
『すべて恋しき若者たち』に捧げる9本
m

mの感想・評価

-
女の子って素直になっちゃいけないのかな〜 男の子が大人ぶってる間に女の子は大人になってしまうんだけど
so

soの感想・評価

3.5
主人公カミーユのキャラクターが映える、静謐な映像。
ロケーションの素晴らしさ。
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.5
異様に物持ちのいい女の子。マフラーとサンドレスと帽子。窓、窓、窓。

何もかもしっくりくる完璧なシーズンは決して訪れなくて(本人はそう信じていても)
寂しさを埋めたくて必死だったであろうセシルカット時代が、こちらにはいちばん彼女に似つかわしく見えるという。過去と一緒に現在も川に流されるようだった。

リノベする廃墟素敵だったなあ。
Norika

Norikaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

最高!!
シュリヴァンが旅立ってからカミーユはどこか完全にハッピーになれずに、ロレンツと話していても心にわだかまりがあるような表情をしていたけれど、最後のヴァケーションのシーンでみせた清々しく軽やかな優しい笑顔にこちらも心が温かくなる。シュリヴァンを恨むこともなく、かと言って全て吹っ切ったわけでもなく、今までの1秒1秒を優しく見つめながらもしっかりと前を向いている、まさに “グッド” バイ、ファーストラブ、といえる、そんなエンディングだった。”I’ll always love you and never know why” , カミーユもシュリヴァンもきっとお互いを愛し続ける。でも just differently. 最後カミーユがシュリヴァンからもらった帽子を被るとき、ハエが周りを自由に飛んでいるが、そのハエは以前カミーユが帽子に閉じ込めたハエを思い出させ、カミーユ自身の”自由” を表しているような気がした。さらにその帽子はそよそよと流れる川の水に運ばれていく。長い年月の時間の流れを、自然に見せる演出も良かった。グッバイ・ファーストラブという題がこれほどまでに優しく爽やかに感じる作品はそれほどない。
uco

ucoの感想・評価

1.8
だからか、だから私も初恋を忘れなれないのか

the water がとてもよかった
nami

namiの感想・評価

3.0
以降の恋に名前はないのに初めての恋だけ名前がある特別感、、
>|