鍋レモン

凶悪の鍋レモンのレビュー・感想・評価

凶悪(2013年製作の映画)
3.4
⚪概要とあらすじ
『ロストパラダイス・イン・トーキョー』の白石和彌が、ベストセラーノンフィクション「凶悪-ある死刑囚の告発-」を映画化した衝撃作。

ある日、ジャーナリストの藤井(山田孝之)は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる。須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男(リリー・フランキー)の罪を告発する衝撃的なものだった。藤井は上司の忠告も無視して事件にのめり込み始め...。

⚪感想
「肉のやけるいい匂いがする」

ほぼ実話というのが驚き。ただただ凶悪。タイトル通り。

キャスト選びのセンスと演技の高さで生々しさが凄い。
ピエール瀧さん、山田孝之さんも本当に凄い演技力なんだけど1番はリリーフランキーさん。めちゃくちゃ失礼だけど実際に人を殺したことあるんじゃないかと思うレベルだった。人を痛めつけるのを楽しんでる様子が演技と言うより素に見えてしまう。

リリーフランキーさんが演じる役どころが「先生」と呼ばれているのがまたなんか人柄が分かるような。一見普通そうに見えるのにかなりやばい。サイコパスって言ってしまえば簡単なんだろうけどその枠組みではないような気もする。

先生と須藤の殺人の話かと思いきや、山田孝之さん演じる藤井の話もあり、かなり考えさせられる。

嫌悪感とゾッとする感覚が続く。

人はお金のためならどこまで凶悪になれるんだろうか。

⚪鑑賞
TSUTAYAのDVDで鑑賞。