凶悪の作品情報・感想・評価

「凶悪」に投稿された感想・評価

いとう

いとうの感想・評価

4.3
ピエールとリリーフランキーが怖すぎるしリアル
Alice

Aliceの感想・評価

4.5
山田孝之、リリー・フランキー、ピエール瀧のキャスティングだけで公開前から勝ち確定してた映画。
当時、ピエール瀧が逮捕された、会社がその余波を受けた、本作のモデルとなった舞台が現在住んでる県だった、『麻雀放浪記2020』の予習…、

と、これとない機会が重なったので鑑賞。
『ザ・サークル』『ローズ家の戦争』『ハードキャンディ』に続く1.0点映画でした。

そんなピエールさん、事件後に本作のシャブ打ちシーンを見ると、笑えないくらいにリアルに感じる。
また、“触るな危険” 演技の緊張感も、本作のヤバさを引き立てる。特に刑務所での “裏表” を見て警察もマークしたのではないか?と疑いたくなるほど。

加えてリリーさんは、自分が悪いことをしている、とんでもないことを言っているという意識の無さが怖過ぎる。
この人がどうやってピエールさんの信頼を勝ち取れたかは定かではないが、この “純粋悪” に惹かれたのだろうか。

しかし、本作がとにかく胸糞なのは、ピエール瀧、リリー・フランキーだけでなく、その家族や依頼人もまた、同じ穴のムジナだということ。直接手を下しておらず、知らん振りというほうがタチが悪い。
そしてそれは、家族を蔑ろにする山田孝之にも言えることで、大小種類は違えど、一歩間違えば誰でも “悪” に落ちる危険さを本作は解いてる気がする。
misa

misaの感想・評価

3.1
こんな怖いことが本当に起こってるなんて、世の中怖い。ピエール瀧こっっっわ思った。
みんないい顔するなぁ
ピエール反省!
かずと

かずとの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

Netflixにて。
単純に凶悪すぎて引き込まれた。
藤井が事件にのめり込み、なんとなく人らしさをなくしていく様子を山田孝之が上手く演じている。
 全員狂人にして強靭。犯行を行ったヤクザども、そして何よりリリーさん演じる先生の常人じゃない感じ、今じゃ洒落にならない瀧さんの悪さは素晴らしいが、それだけでなくのめり込んでいく記者もその妻もみんなどこか狂っている。その割に本当に狂って壊れる人が少ないのでこいつらすげぇな、と思う。だが、本当に怖いのはこの狂気が我々のすぐ隣にもいることだろう。
 話自体は凄く好きだし、良いんだけど第2幕となる3つの事件の回想に入るところからいったい誰の視点なの?と神の視点になっちゃって記者が解き明かしていく、という形はとらないのに中途半端に聞き込みとかを入れているのでミステリーとしての手法を用いようとしながら放棄するのはいただけない。
 しかし、こんな風に事件を記者の執念で掘り起こすような媒体だったんだ、新潮45って(某生産性発言を思い出しながら…)。
houjh13

houjh13の感想・評価

4.0
まさに凶悪な殺人を繰り返し捕まったある死刑囚が、まだ明るみに出ていない余罪と、まだ捕まっていない連続殺人の首謀者について語り始める。事件を突き詰めると日本社会が抱える闇が浮き彫りになる。それはさすがに言い過ぎかも知れないけど、あり得る話だなと思いました。リリーフランキーの演技が秀逸。
>|