凶悪の作品情報・感想・評価

凶悪2013年製作の映画)

上映日:2013年09月21日

製作国:

上映時間:128分

3.6

あらすじ

「凶悪」に投稿された感想・評価

ジム

ジムの感想・評価

3.3
楽しめたかは難しいけど強く印象に残った作品
役者の狂人っぷりがハマりすぎてて怖い
狂気に染まっていく恐ろしさ
んー、これすごい好きなやつだ
友達にオススメして惹かれるやつだ

実は人間的なピエール
全くもって人間じゃないリリーフランキー
人間であろうと努める山田

「殺しの気持ち」も人間にとって一つの構成要素
どんどんどんどん事件を解決し自分が裁きを与える審判のような位置に酔いしれる
記者
tanayuki

tanayukiの感想・評価

4.0
あんなになる前にお母さんは施設に入れないと。リリー・フランキーの目が怖い。目が死んでる人間は信用できない。


めずらしき邦画の良作
SUI

SUIの感想・評価

4.0
序盤、記者の藤井(山田孝之)が死刑囚の須藤(ピエール瀧)と出会い、事件を調べ始めるあたりまでは割と退屈だけど(つまらなくはない)、回想シーンが始まって先生(リリーフランキー)が出てきてからは怒涛の展開でいやがおうにも引き込まれる。
また、それまでの描写や言動の伏線を回収するような作りもなかなか好みだ。
電気屋の爺さんに酒を飲ませて殺害するシーンなんかの須藤の残虐さや先生の気持ち悪さは圧巻だけど、これが実話を基にしてると思うと胸糞過ぎて面白いといっていいのか迷う。

ジャニーズを筆頭にした見栄えばっかり立派なアイドル俳優を使わず、実力派の役者だけを使っていることも、今作のすごみを演出するのに一役かっている。

ちょっと残念なのは、回想から戻った時点で藤井がすでに後戻りができないほどにのめり込んでしまっていたところ。
その衝撃の事実を垣間見て事件の全容を知っていくにつれ、藤井は事件に魅入られ、徐々に毒されていく…、その段階的な変化の過程が端折られていたのは残念。
山田孝之だったらきっとその繊細な機微まで演じ切れる技量がある、そう思えるだけに尚更だ。

実は今回2度目の鑑賞だが、1度目の時は「退屈だなあと」あまり良い印象を受けなかった。
おそらく当時期待していたもの(きっと派手なバイオレンス)との落差が大きかったのだろう。
しかし今回見返してみてその評価は180度覆った。
先に述べた通り、事実を基にしているだけに安易に面白いといっていいのかわからないが、少なくとも見るだけの価値はある作品だと思えた。
tamaki

tamakiの感想・評価

3.3
藤井の奥さんには共感出来る。
あの状況で義理の母にDV、するかどうかは別だけど藤井が自宅介護にこだわるワケが分からない?

本筋のストーリーの感想
人間の心理なんてコロコロ変わって、筋が通るわけがない。
最初は罪悪感からの告発も自分のために利用出来そうなら利用する。
正義のために動いていても手は下さなくても殺意は芽生える。
人間模様がなかなか面白かったです。

確かに凶悪。人間には一定数サイコパスはいて、この事件より酷い凶悪な事件はまだまだある。恐いよね。
osyamanbe

osyamanbeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

好きな映画。これでリリーフランキーに惚れた。暴力にリアリティがあって怖い。
>|