ももさく

失楽園のももさくのレビュー・感想・評価

失楽園(1997年製作の映画)
2.0
久木は、友人の衣川が勤めるカルチャーセンターで書道の指導をしている松原凛子と出会う。そして2人は不倫にどっぷりはまっていく。

久木祥一朗(役所広司)出版社の編集部であったが閑職の調査室配属を命じられる。

松原凛子(黒木瞳)書の先生。

衣川和記(寺尾聰)久木の友人。

松原晴彦(柴俊夫)凛子の夫。

久木文枝(星野知子)祥一朗の妻。

久木知佳(木村佳乃)祥一朗、文枝の娘。

他出演者 平泉成 、速水典子 、岩崎加根子 、中村敦夫 、原千晶 、金久美子 、小坂一也 、あがた森魚 、石丸謙二郎 、村上淳

親が亡くなった日に喪服の凛子を呼び出す...何て非常識なんだろうと思うのだけど性に溺れた2人には常識などないのだろうな。

もっと会いたいと言う言葉がただやりたいだけで体だけの相性が良すぎて離れられないのではないかとすら思える。

明るさなんて全くなく終始暗いんだけど最終的に2人がした事については、これが1番の選択であり幸せな事だったのかもしれない。世の中不倫なんて普通に転がってるんだろうけどね。男と女は難しい。理屈じゃどうにもならん事もある。不倫がいいとは言わないけど。

そんなにエロくもないし黒木瞳の胸や体に魅力を感じられないけど顔が綺麗だから色気がない訳ではない。ただドラマの川島なお美の方を過去見ていたのでそちらの方がよりエロさがあり色気もあり内容も濃く良かったからか映画は短縮されすぎていて物足りない。

木村佳乃が若くてビックリ。確かドラマだと娘役は菅野美穂だったと思う。

映画には合ってるんですがエンディングの曲もなんか暗くってズーンってなります。

この映画で何が学べるんかなぁ。
セックスにはまると人はどうなるかわかんないよって所かな。セックスが好きなのかこの人が好きなのか見ててよくわからなくなってくる映画ですね。