遥美沙樹

失楽園の遥美沙樹のレビュー・感想・評価

失楽園(1997年製作の映画)
3.6
渡辺淳一文学に久しぶりに触れたくて鑑賞、実際2回目。
この時期の黒木瞳さんの色っぽいことと言ったらもう!!!
「楷書の君」とよぶに相応しい上品な振る舞い、言葉遣い。
なのにベッドの中では淫乱とか、これはまさに男性の理想の女性像。
なのになんで心中するかなーなんて野暮なことは言わない。これはファンタジーだから。あらゆる状況がそれを選択させたんだと理解すれば怒りも湧かない。男が溺れる女とは…という大変いい勉強になりました。