攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Painの作品情報・感想・評価

「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

今回は草薙素子役が坂本真綾だった。前回までの田中敦子の印象が未だに強い。坂本真綾の草薙素子もそのうち慣れていくと思う。

今回の作品は言わば「エピソード0」。どうやって「攻殻機動隊」が出来たのかが、今回から計四部作で描かれる。だからこの作品を観る前に、軽く他の作品で「復習」をすることをオススメしたい。

一度観たら…間違いなくみんなハマると思う。それくらい面白いシリーズ。今後にも期待したいo(^▽^)o。

感想は四部まで観てからにしたいと思う。
20本目。大好きなプリクエル物。
オリジナルからデザインや声優さんがかわったみたいだけど、サスペンス要素もあり楽しめた、気合い入った表情は、気合い入ってたなぁ
声が田中敦子さんじゃないことや、前作たちとの作画、内容の微妙な差異が気になったが、これはこれで攻殻機動隊。

おもしろい。
ちょっと順番がおかしくてすみません
九課ができるまで
サイトーとパズが誰過ぎて辛い
KCHAHAHA

KCHAHAHAの感想・評価

3.2
押井・神山版が最強すぎるからなーって思ってたけど見直したら以外と面白かった。
🚧👷🏻‍♀️鑑賞記録ONLY👷🏻‍♂️🚧
ShizuNikon

ShizuNikonの感想・評価

4.0
個人的には観やすかった、面白い
やはり、往年のファンですから公開当初は面食らいました。しかし、今では普通にアリだと感じます。

押井守監督のもとで、長年に渡って作画監督を務めてきた黄瀬監督だからこそ描ける、まったく新しい攻殻機動隊が本作です。声優も一新されています。ついでに音楽も菅野よう子からコーネリアスへ。

攻殻機動隊というよりも、違うSFアニメとして楽しんでます。
9課のメンバーが集まってきてからが本番。尺の問題もあるだろうけど起こった出来事を淡々と描写するだけで全体のテーマがあまり感じられないのは残念。やっぱり神山・押井は凄い。ロジコマは可愛かった。
>|