ほるもん

嘆きのピエタのほるもんのレビュー・感想・評価

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)
3.3
イ・ジョンジンが馬鹿っぽかった。
チョ・ミンスは謎めいていた。
見てる時は、汚い、痛い、しゃかしゃかせんかいって思った。
何が言いたいの?何がしたいの?
とイライラしたけど
見終わってよく考えたら、
お母さんに捨てられた男の子の
母恋し物語やん、と思った。