とりこ

嘆きのピエタのとりこのレビュー・感想・評価

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)
3.7
韓国映画特有の全体に漂うじっとりとしたかんじが良い。
母親との距離感が理解出来てないガンドは哀れ。愛を知ることで自分の行いを省みるわけだけど、まともにはなれない。3人で土の上で横たわってるとこ良かった。とても哀れだった。1度知ってしまった愛は忘れることも捨てることも出来ない。

でもちょっと結末が読みやすい。