YasuhitoArai

嘆きのピエタのYasuhitoAraiのレビュー・感想・評価

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)
3.8
韓国でヴェネチア金獅子賞受賞作品。主人公は幼少より親に捨てられて30年余、残忍な借金取りをして生活していた時に母と名乗る女が表れる。母親だったらこれを食えと肉片を喰わせる(その時主人公のズボンから血が流れる。)シーンや、借金が返せない人を障害者にして保険金を稼ぐために工場機械で相手の腕を不能にする場面などショックなシーンが多い。そしてキム・ギドク監督お馴染みのどんなくず男にも愛情を注ぐ女性像も出てくる。親子愛ものかと思いきや復讐ものだった。