許されざる者の作品情報・感想・評価

「許されざる者」に投稿された感想・評価

深かった。
結局何が正解で何が幸せなのか、色々考える作品だった。
オリジナル版はカラッと晴れた荒野、日本版はしとしと雪が降る北海道。淡々として突き放したような演出のオリジナル版、情緒的な音楽とセリフで盛り上げる日本版。
こういう所にも両者の違いが出ていて面白いなと。

個人的にオリジナル版は日本人の感覚からすると文化の違いから分かりにくい所馴染めない所があったが、日本向けに翻訳された今作は割と分かりやすく観るとこが出来た。

イーストウッドがこの役をやることに意味があるのであって、渡辺謙が(オーラというか雰囲気は凄いけど)いきなりこの役をやっても薄っぺらに見られかねないなと思った。

オリジナルを噛み砕くという意味で見る価値はあると思います。
Kaz

Kazの感想・評価

2.8
この先に今の北海道があるのか…
クリント・イーストウッド主演・監督作品のリメイク映画。「フラガール」李相日監督。渡辺謙主演映画。舞台は明治時代の蝦夷。遊女が不当に斬られ心に大きな傷を負う。その子のために賞金稼ぎを雇い入れての復讐劇です。賞金稼ぎの釜田十兵衛に渡辺謙、相棒に柄本明。ガンマンが侍になってどうかなって思ったけれど、それはそれで楽しめました。さすがの渡辺謙です。やっぱりあの眼がいいですね!
ケンC

ケンCの感想・評価

3.5
渡辺謙のオーラがハンパない。
もう邦画で彼を見ても違和感しかない。
lalaco

lalacoの感想・評価

3.3
子どもかわいそやん
明治初期の北海道の開拓地を舞台にしたのが良かった。大自然の映像も綺麗だったし、モーガンフリーマンの役を柄本明が演じてるのも良かった。佐藤浩市もジーンハックマンとは違う感じで、嫌なヤツ感が出てて良かった。
ryodan

ryodanの感想・評価

5.0
2013-09-27

C・イーストウッド作品のリメイク。
李相日監督。渡辺謙主演。
ちなみに米版のオリジナルは見てないです。正直、邦画の中でこんなにも心が揺さぶられる傑作に出会うとは思ってもみなかったです。これはオリジナルが傑作だからではなく、李監督の力量が実った作品だと断言しても良いのでは。美しい自然の中で、人間の小ささ、もろさ、傲慢さを上手くすくい取っていました。この作品でミスキャストな俳優さんは一人もいません。台詞も簡素ながら、染みいる芝居で胸を打ちます。柄本さんの等身大の老人、生き方を変えられなかった悔しさがにじみ出てきたあのシーンは切なかった。さすがの柄本さん。アイヌのハーフを演じた柳楽さん、存在感出てました。じっとじっと耐えに耐えた芝居で寡黙な主人公を演じた謙さんの最後の大立ち回りも、チャンバラ好きにはたまらない殺陣でした。素晴らしい作品でした。
>|