素晴らしき哉映画

はじまりのみちの素晴らしき哉映画のレビュー・感想・評価

はじまりのみち(2013年製作の映画)
4.5
昭和20年あたり(1、2年前になることも)

木下惠介さんが病人である母をリヤカーに乗せ疎開先まで行くストーリー

『SPEC』や『アウトレイジ』ではまっていて、加瀬亮目当てが続いてます。
この監督は全く知りません。兄との会話で「映画観てもらって、次はしなくなっていいのか?」ってところが気になりました。
一見このリヤカーでの移動等は普通ですが、その中で家族との話や関わりが人生を決める大事な時だったのが知れます。

私の母はこの監督を知っているようで、
「人情がある映画だよ」
と話してました。影響はどれほど受けているか分からない。でも多くの人に観てもらえる映画の大きさを改めて実感した。『陸軍』では自分自身の心にも響いた。
映画とは言え日本人だしこういう実際いた人の話は、どんどん知っていきたい。

そして疑問に思ったのは『二十四の瞳』を思わせるシーンは好きですが、本当にあのような感じから作るキッカケになったのかな?


終盤に木下惠介さんの映画作品が一気に流れ、なぜか鳥肌がたちました。期待してなかったはずが、この映画でまさか自分に合うのに出会えるとは思いませんでした!
曲も良かったのもあるが、約12分間は、この何年間か観てきた中で一番良かった!
自分でもビックリです!セリフ無しの映像でここまで心を打つことあるんだ!
終盤で評価が一気に上がりました。録画消さんで本当に良かった!


作品名をネタバレに付け加えます。
____________________

加瀬亮♠木下惠介(正吉)
ユースケ・サンタマリア♠木下敏三(惠介の兄)
田中裕子♦木下たま(惠介の母)
斉木しげる♠木下周吉(惠介の父)
藤村聖子♦木下芳子(惠介の妹)
山下リオ♦木下作代(惠介の妹)

濱田岳♠便利屋

光石研♠澤田屋(旅館)・庄平
濱田マリ♦澤田屋・こまん
松岡茉優♦澤田屋・やゑ子

相楽樹♦義子(誰だ?)
大杉漣♠城戸四郎
宮﨑あおい♦学校の先生 /ナレーション

🌟木下監督作品が10分ほど流れる
📍エンドロール中にリヤカーで通った道、当時泊まった旅館や疎開先

1回目