いけだん

スター・トレック イントゥ・ダークネスのいけだんのレビュー・感想・評価

4.0
J.Jエイブラムスのスタートレック2作目。
この作品の素晴らしさは、とにかくベネディクト・カンバーバッチの悪役の演技に尽きる。

ベネディクト・カンバーバッチの声と無表情さが、恐怖を感じさせるし、変わったキャラや変人を演じたら、ベネディクト・カンバーバッチは、その威力を発揮しまくるなと思った。

ただ、この作品でどうしても気になるのが作品のコピーである
「人類最大の弱点は、愛だ」。
このコピーが作品の内容に結びつかなくて、悶々とします。