パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

怪獣ヒャッハーではあるのだが。
シンクロニシティを高めるための絆が大事とかいっておきながら初見のマコとコンビ組んだり、親父の代わりに司令官が乗れたり、それでいいんか。
そして最大の欠点はマコが記憶に囚われてしまってることの克服が全く描かれずに乗っちゃってること。最初のドリフトは難しいってだけですませてええんか
DKeita

DKeitaの感想・評価

2.0
確実にダメ
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.4
突如現れた怪獣に立ち向かうため、人類が巨大ロボットを作り、存亡を賭けて戦っていくお話。怪獣が初めて現れるところから話が始まるのかと思えば、その辺の概要はモノローグと共にダイジェスト的な感じで説明され、既に怪獣は幾度となく現れているという世界で話はスタートする。主人公たちの熱い想いや、怪獣とイェーガーがぶつかり合うシーンは迫力満点だし、感情移入もしやすい。しかし、予てから観たかった作品であり期待度が高過ぎたせいか、観終わってみるとやや期待はずれという感じ。やはり映画館で観るべきだったかな。
Abu

Abuの感想・評価

4.2
こういう映画を観るとエヴァンゲリオンや日本のロボットアニメが世界に与えた影響は計り知れないと思う。
私的にはシンクロするところや戦い方などエヴァに近い物を感じたが、倅曰くこれはガンダム以前のロボットアニメのオマージュで鉄人28号やマジンガーに近く、監督自身が超ヘビーな日本のロボットアニメおたくであるから故である言っていた。
早い話がロボットアニメのミクスチャーだという事です。
いずれにしても映像の迫力は素晴らしく、なんだか子供の頃の夢を叶えてくれたような気がする。
ストーリーは別として。
EditorWit

EditorWitの感想・評価

4.2
めっちゃ燃える🔥
この映画はMain themeがカッコよすぎて一つひとつの戦闘シーンが音楽で更に際立ってて好き
2に期待😆
若干アメリカンテイスト的なものが気にはなったがアメリカンだからしょうがないとしても、楽しめた
久々に解ってる人が作ってるなぁと声優の人事も含めて思った
おそらくそう思ったのはグレンラガン以来だな
ロボット物といえば、トランスフォーマーはバンブルビーを見た瞬間目が疲れて断念したけど別に今回は疲れなかったね
やっぱあれ、細かすぎるのかな
inabow

inabowの感想・評価

4.7
ロボのデザインが素晴らしいΣ(・ω・ノ)ノ

嵐吹き荒れる大海原での対決は大迫力の名シーン。素敵なデザインのロボたちが次々出てきて、もう興奮しすぎて悶絶もの!

続編が、待ち遠しい。。
1作目以上の興奮を味わうことができるのか。。
菊地凛子の目がいい。
YunoCurry

YunoCurryの感想・評価

3.3
観てて結構疲れる。
確か、監督がガンダム好きで?
確かに機体の中に人が入って怪物と戦う感じ似てる。
>|