パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

劇場で観なかったことを激しく後悔している映画のひとつ。日本のロボットもの、怪獣ものの完璧なアメリカ映画化だと思う。メカと怪獣の造形も好き。デルトロさんは、信用できる。
芦田愛菜の演技力
やかん

やかんの感想・評価

3.4
エヴァ・ウルトラマン・ガンダムを混ぜた感じだった。そこはかとなく、「ぼくらの」も感じた。
友人からパイロットと機体の情報を聞いていたので、むしろそこを推されてみたので「話が違う」という感覚に陥ってしまった。
色んな機体とパイロットの性能を活かした作戦が見れるんだろうな〜!!!とワクワクして観たのだが、蓋をあけると全員が突っ込むという、話が違うぞ状態で若干冷めてしまった。
完全に私の解釈違いで、作品を楽しめなかったというのが残念で仕方がない。次は真っさらな状態で鑑賞したいものだ。
ロボットがカッコ良くて、戦闘シーンは最高。
Yuki

Yukiの感想・評価

-
菊地凛子かっこいい〜(^^)
芦田愛菜ちゃんの演技も好き
登場するキャラ全員好き〜〜
ただ、最初一隻の船さえ救っとったのに途中から都市だいぶ破壊するやーんていう。
エルボーロケット!!!!
a

aの感想・評価

2.5
設定は嫌いじゃないけど、カッコよさに欠ける。
あおい

あおいの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

日本の特撮やアニメへの深い理解とリスペクトを感じる本作。巨大ロボットと怪獣の大迫力アクションはもちろん、家族愛を中心に据えたドラマもなかなか。

菊地成孔と大谷能生というジャズマン2人によるラップユニット・JAZZ DOMMUNISTERSのアルバム『Cupid & Bataille, Dirty Microphone』に収録の 'Illunatics feat. 菊地凛子' という曲で、菊地凛子が菊地成孔のインタビューに答えています。
菊地成孔に「あなたが今まで映画の中で口にしてきた言葉で、最も美しいものは何ですか」と問われた菊地凛子は、本作の題と「お父さん、愛しています」という台詞を挙げていました。
これを楽しみにしながら実際に見てみたわけですが、たどたどしい日本語で「センセイ、アイシテイマス」と言っていた…どういうことなんだろう。
フランス語吹き替え版では「オトウサン、アイシテイマス」に台詞が変えられたことに賛否があったようですね。。

…かなり脱線しましたが、なかなか面白かったですよ^ ^
晴

晴の感想・評価

3.0
そこはかとなく漂うエヴァ感
映像の規模が日本とは違いますねー
>|