パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

あおい

あおいの感想・評価

2.9
日本の特撮やアニメへの深い理解とリスペクトを感じる本作。巨大ロボットと怪獣の大迫力アクションはもちろん、家族愛を中心に据えたドラマもなかなか。

菊地成孔と大谷能生というジャズマン2人によるラップユニット・JAZZ DOMMUNISTERSのアルバム『Cupid & Bataille, Dirty Microphone』に収録の 'Illunatics feat. 菊地凛子' という曲で、菊地凛子が菊地成孔のインタビューに答えています。
菊地成孔に「あなたが今まで映画の中で口にしてきた言葉で、最も美しいものは何ですか」と問われた菊地凛子は、本作の題と「お父さん、愛しています」という台詞を挙げていました。
これを楽しみにしながら実際に見てみたわけですが、たどたどしい日本語で「センセイ、アイシテイマス」と言っていた…どういうことなんだろう。
フランス語吹き替え版では「オトウサン、アイシテイマス」に台詞が変えられたことに賛否があったようですね。。

…かなり脱線しましたが、なかなか面白かったですよ^ ^
Grasp

Graspの感想・評価

3.5
迫力ある
Akira

Akiraの感想・評価

3.3
ストーリーに目を向けると微妙
かっこいいロボットとデカイ怪獣が戦うのを楽しむ作品
AtsuyaOta

AtsuyaOtaの感想・評価

3.0
ちょっと長い
パシフィックヒムの方が面白い
Michihiro

Michihiroの感想・評価

4.2
リアリティがあってなかなかよかった。カイジュウめっちゃ怖い。
芦田愛菜ほんとに凄いね??
カイジュウだんだんキモさが増す
68点
144

時計が止まるシーンに感動。イドリス・エルバ良かった。
しんや

しんやの感想・評価

3.6
太平洋沖の深海の割れ目から現れる怪獣と人類との闘い。2人の兵士が操作する巨大ロボット・イェーガーを作り、一時は優勢だった人類だったが、次々と現れる怪獣たちにやがて地球滅亡の危機にさらされるが・・・

最後の闘いということで集められたイェーガーと兵士達。
主人公はかつての闘いで兄を亡くしたローリー、そして彼の相棒になるマコを菊地凛子、マコの幼少期を芦田愛菜が演じているのだけど、芦田愛菜が改めて凄いなぁ〜と。
イェーガーのフォルム、怪獣の内臓とか
菊地凛子の頑張り・・・ワクワクポイントはたくさんあったけど、1番残ってるのは、愛菜ちゃんの泣き顔やもんなぁ〜参りました。
TED

TEDの感想・評価

-
めちゃくちゃベタな映画なんですよ。どのシーンもどっかで見たことあるような。でも、だからこそワクワクしながらも安心して見られる。
>|